とある暮らしの散文日記

珈琲、読書、観賞など。日々感じたこと、考えたこと。好きなこと、暮らしをつぶやく散文記録。健やかで丁寧な暮らしを求めて。

臨機応変に活用し、適応していく。いくつかの生活の知恵

 

今日は、曇り空。

部屋も日差しが差し込むことがなく、落ち着いた雰囲気が漂っています。

というわけで、キャンドルを炊いてみたくなりました。

曇りや雨の日に合います。おかげで、気分も高まります。それぞれに適応する違う楽しみを。

 

 

 

 

近頃、暮らしの見直しは引き続いています。

環境の変動が大きくあると、自然と心も変化していくようです。

 

 

最近は、使い捨て製品もますます考えてくようになりました。

ストックを持つ消耗が著しい物以外は、消費をなるべく削減しない物を使用し続けていく意識がけをしたくなってきています。

普段よく使うもので、臨機応変に活用していける生活の知恵が備わっていけたらいいなと思いながら。

 

 

子供たちに買っていた実験本が役に立つこともあります。子供たちには少し早かったですが、代わりに暮らしの知恵として活用しています。

わたしの中で歯磨き粉とレモンは、使いまわせるアイテムです。垢汚れ、付着物もツルツルピカピカになります。掃除道具は、たいてい使い古した歯ブラシかラップ、布巾で擦れば、綺麗に仕上がります。あるもので代用品にしてより効率よく、快適な暮らしがないかと模索中です。
 

どうしても必要な場合の浸け置き製品は、頼りにして使用しなければいじできないこともあります。


買い替えする消費頻度の心配も減り、使い続けてく品数が管理しやすくなれば、目の行き届く範囲のことをより良く改善していくこともできます。

物事の優先順位が把握しやすくなり、余分なことを見つめ直し、省いていくことができます。

 

 

家庭菜園は、実りの感謝と実感ができる方法となってきています。毎日育てながら毎度新鮮な気持ちが芽生えてきます。期待と願いを込めて

 

 

 

牛乳パックで育てられることを知りました。私は、家庭菜園は初心者です。 こういう役立つ情報を提供してくれる方がいることに非常に感謝したくなります。

 

今日もブルーベリー、ナス、ピーマン、枝豆の苗を植えてみました。

プランターで育てられるもので、比較的育ちやすいものを選ぶようにしています。ブルーベリーは、ちょっと難しいようなので心配ですが、無事に育っていきますように。

今後も家庭菜園は、日に日に拡大していく予感がします。

 

 

「サラダブック」を開いて、野菜の食べ方、味付けのアレンジ法を参考にしています。 家庭菜園の収穫期が訪れたとき、なにを食べようかといまから考えることが楽しみです。

 

 

 

 

写真も主に記録用に撮影を試みています。それでも、見てくださる方に美しく。参考になればという視点も忘れずに。

それでも凝って暮らしをよく見せようとする意図は大きくありません。振り返ってみたとき、思い出したいときに参考にするためという理由が私の撮影ポイントとして大きく重要視されています。

 

 

暮らしの参考になったこと、合間をお見せできたらというほんの些細な楽しさを記録としてお送りしたいと思っています。

 

今後も暮らしの日常ブログとして。

気楽に楽しく読んでいただければ幸いです。

 

訪れてくださり、ありがとうございます🍀