コーヒーと暮らしを愉しむ

珈琲のある暮らし。珈琲器具、珈琲豆、アレンジレシピ。自分なりの幸せが増えてく暮らしを愉しむモノ、瞬間の物語。

自家製コーヒーシロップで、「夏のコーヒースイーツ」を楽しむの巻。

 

 
 
なんだか暑い夏に、ほろ苦く甘すぎないコーヒー味のスイーツが食べたいなあ、なんて気がしてきまして。
 
何がいいかな?と思い巡らせてみると、コーヒーシロップを活用したら、いつものおやつが更に楽しめるんじゃないか、と。
 
思い立ったら、さっそく作ります。
 

コーヒーシロップの作り方

材料

・コーヒー粉 50g

・砂糖 100g

・抽出用 水 300ml程度

・冷やす用の氷水 

作り方

 
1.鍋にお好みの砂糖を加えておく。
2.ドリップしたコーヒーを1.に加え、沸騰しない程度の火加減で10分〜15分程度煮詰めたら、氷水で冷やして粗熱を取り、完成。

 

冷蔵庫で時間をかけて冷やすと、濁りが出てしまうようなので、氷水に容器ごと浸けて急速に冷やしました。

 

出来上がった、とろみがかったコーヒーシロップがたまりませんよ。
 
 
さあ、さっそく食べてみます。
 
まず、思いついたのが、
 

わらび餅withコーヒーシロップがけ

夏の風物詩「わらびもち」。
 

 

子どもたちが好きなので買っておいたわらび餅。
コーヒーシロップをかけて食べてみたら美味しいはず。と、食べてみたら、まあ...美味しい。ほろ苦い甘さが加わった、わらび餅×コーヒーシロップのコンビは、大人のおやつ時間にぴったりです。
 
 
 

かき氷

これまた、子どもたちの大好物、「かき氷」を便乗して、食べてみたくなりました。

 

 

いつも子どもたちのおやつを考慮しつつ、自分も食べたい時に食べられるおやつを選ぶことも多々あります。今回の夏のおやつは、子どもたちのおやつを活用して大正解でした。
 
 
これは、氷にコーヒーシロップをかけるだけですが、シンプルにたまらなく、美味しいです。
 
 
 

冷房もつけずに食べるかき氷は、冷たさが体にじ〜んわり、染み渡っていく感じがよくわかります。あ〜生きてるなあ。幸せが込み上げてくるような瞬間でした。

 

ミルクコーヒー

 

わ、これミルメークだ!

 

 

めちゃくちゃ給食の時に好きだったんですよねえ。時々、今でも、ミルメークを買って飲むこともあります。

 

 

 

自家製コーヒーシロップで、簡単におうちでミルメーク頂けちゃうじゃん。と嬉しくなりました。

 

 

 

 

コーヒーとの組み合わせって、無限にありそう。
これ、どうかな?で、試してみると、オリジナルコーヒーレシピが出来上がりそうです。
 
 
では!