コーヒーと暮らしを愉しむ

珈琲、読書は、心地良さと豊かさを知る時間。そのほか日々を愉しむモノ、瞬間、暮らしから学ぶ大切にしたいエピソードを綴ります。

器のある暮らしから流れるささやかな幸せ。(楽天で購入できるおすすめ食器と共に。スタジオエム/有田焼など)

 

こんにちは。
暮らしと珈琲を愉しむ です。
たまたま訪れてくだった方、いつも訪れてくださる読者のみなさま、誠にありがとうございます。
このブログは、暮らしと珈琲、ときどき本。

暮らしのモノとの出会いによって気づけたらちょっとした大切にしたいエピソードを綴っていきます。

 

 

今回は、「器のある暮らし」編です。

 

食卓を囲うのがひとつの楽しみになれば、という思いで

 

 

子供たちと毎日必ず顔を向き合わせて話す食卓の時間。食事を味合うとともに、会話も味わうように会話も賑やかになります。まだ子供たちは、3歳と5歳ですが、会話の展開力という話す力は、こちらも圧巻するほどです。だからこそ、今からますます、言葉から思いがしなやかに溢れるほど会話のなかで、あれこれ花が咲くように、愉しさを感じつつ、お互いに見つめ直し……熟考できる良い機会に、そして、あらゆる場面でも生き方の学びとして視点が広がることに繋がればいいな、という思いでいます。

 

 

不思議なことに、子供たちは、食器を使いやすいように扱って食べる姿勢を持っています。その姿を見かける度に感心してしまいます。補助的な参考として「こうして食べるらしいよ〜」という食べる時の食器の扱い方を話してみるようにしています。ふう~んと、ふわりと伝えてみる方が、案外提案を呑んで試してみてくれることが多いのです。まさに、言葉の伝え方次第で伝わり方も変わってくるのだなあと子育てを通して改めて会話の大切さ、関わり方を学んでいるところです。

 

最近新しく購入してみたのが、「スコン」のグラス。

一つめは、アイスクリームグラス。

デザートカップとして使えます。

 

2つめは、ワイングラス。

パフェグラスにしたり、ドリンク用にしたり……2つともに、オシャレな形とデザインなので、食べ物を入れると、すごく映えますね。

 

 

 

新しく扱う今までにない形の食器も子供たちは楽しいおやつの時間なのか、積極的に吸収してバクバク美味しそうに懸命に食べている姿がとても愛おしいです。我が家の2人の男児は、食べ盛り。「おかわり……!」という声が日常的に飛び交います。いや、食べ盛りは、これからが本番だよな??と思いつつ、

少しヒヤリと今から食費の対応の心の準備をしております。

 

個人としての豊かな時間に花を咲かせる工夫

 

 

読書好きな人は、「珈琲と本がセット」という傾向の人が多のではないでしょうか。わたしも、そのなかの一人です。

私の場合、さらに付け足すと、「好きな器のコーヒーカップで珈琲を飲みながら、好きな本を読むこと」が、さらに満足感で溢れる豊かな時間が流れてくれるようになります。

 

その好きな時間のなかでも、環境を整え豊かさを高めることは自分にとっての最高のご褒美、至福の時間だと感じています。それは、インテリアの配置を変えてみる、組み合わせ方とか……ほんのちょっとの微調整を続けていく、些細な工夫から始まります。「こうしたらもっと良さそう」という暮らしに、身の回りを整えていけば、自分にとっての幸せな余韻に浸れる環境の心地よさの仕上がりは、ますます上出来になっていくようです。

 

 

「スタジオエム」のプレート

有田焼 「1616/arita japan」 のコーヒカップ

「ダスホルツ カッティングボード 色ブラックチェリー 」まな板 大川 

 

 

 

有田焼 「1616/arita japan」のプレート&コーヒーカップ

 

 

 

器好きにはたまらない、豊富な種類が、楽天市場に揃っています。色んな器のオンラインセレクトショップで買うことも多いのですが、けっこう楽天でも販売されている作家さんも中にはいらっしゃいます。

 

あらかじめ、色んな場所で器をリサーチして、楽天で商品があるか調べて、まとめて買っています。

 

「ご紹介した商品」

[rakuten:blw-store:10000150:detail]

 

 

 

 

 

 

 






「会話から人間関係は始まる」に気づける本「聞く技術、聞いてもらう技術」

こんにちは。
暮らしと珈琲を愉しむ です。
このブログは、暮らしと珈琲、ときどき本。にまつわる、人生で大切な気づきとそのエピソードを綴ります。
 

 

今回は、「本」編です。

 

聞く技術 聞いてもらう技術 /東畑開人

 

 

「聞く」は声が耳に入ってくることで、「聴く」は声に耳を傾けること。けれども、本質として大事だったのは、聞くことにあった”…

とする、作者の日常的の様々な場面で考えてみた「聞く、聞いてもらう、ための技術」が詰まった本でした。

 

───────

 

わたし自身にまさに、タイムリーな内容で、「会話から、言葉で伝わることの奥深さ」を改めて考え直していたところでした。ちょうどこの本を見かけて、実際に手に取り、読んで……カチッとハマるように出会いました。

 

巧みなトーク力、言葉の表現力。終始面白く読み進めました。

 

確かに「聞く」は、わずかでも自分の思いが加わっているから、たとえ聞いたようでも、理解できたか?と思うと正確に判別することは難しい。それでも、聞いてみることはいくらでもできる。「相手と自分の心の声に尋ねてみてから、聞いてみることの姿勢は、まさに大切」だと考えさせられました。

 

まず根底としてあるのが、聞くことができるのは、聞いてもらっているような気がするから。そして、余裕をもって話を聞く姿勢をもつことができる。

────────

たしかに、わたし自身も、この頃、「きっとこうだろう?」という前提で話を展開されたらちょっと、戸惑ってしまう機会が増えた。より一層、話の違和感に敏感になってきたのかもしれない。

 

思い込み前提で話すのではなく、「もしかしたら、こう思ったんだけど、どう?」という仮定の場合で話を尋ね、相手にも共感できるように考えて、また話を進めてみる……そんな展開を心がけています。

 

「会話」は、互いの気持ちを尋ねてみて、そっと肩を撫でられるような心地良さを感じられる掛け合いができるようになれば、心を通わせていくことができる。信頼関係も生まれてくる。この人なら話しても大丈夫そうという気楽さが生まれないと、どうしても話すことも億劫になるという部分は、すごく共感できました。

 

“心地よく関わることができる”と感じられるサインのなかには、互いを敬い、得られる学びがある関係になっているのでは、と本の内容のなかから、そう、強く思えました。

 

 

本とのめぐり逢いはとても不思議であり、必然的に「人生でいま、まさに必要かも」と感じているドンピシャな内容を選んでいる気がしますね。選ぶ本には、もの足りなさを感じる生きるなかで、大切な何かを補うための気づきを求めているようです。本の内容を噛み締めるように一読してみた後に、自分なりに考えてみてから得ていく力。これは、やはり大きくなっていくと感じています。

 

 

そのほか、私の人生の大きな気づきのヒントとなったセレクト本はコチラ。

 

mako-bookdiary.com

[rakuten:book:20418437:detail]

mako-bookdiary.com

[rakuten:book:20553192:detail]

mako-bookdiary.com

 

 





楽天で買える美味しいコーヒー豆「辻本珈琲/まろやかブレンド」

“コーヒーと暮らしを愉しむ”にたまたま訪れてくだった方、いつも訪れてくださる読者の皆様、誠にありがとうございます。
 
 
この頃、楽天で買い物することが多い、ヘビーユーザーです。
田舎暮らしなので、余計に楽しくなっちゃいますね。
 
ということで、ずっと気になっていたコーヒー豆も購入してみました。(実は、約1年前から気になっていました)
 

辻本珈琲/まろやかブレンド1kg(200g×5袋)

老舗緑茶店「辻峰園」と辻本珈琲の共同開発“お茶屋が考える創作ブレンドコーヒー”。
 
生豆原産国 ブラジル、コロンビア、エチオピア
 
200gずつ、小分けにして下さってるところがまた使い勝手が良くて嬉しくなりました。
おまけも2つついてきました。

飲んでみた感想
柔らかな酸味を感じるアメリカンな味わいがしました。
とても飲みやすく、優しくすっきりとした後味。
 
お茶屋が考える”というコーヒー開発に至った経緯の詳細が記載されてなくて少し気になりましたが、飲んでみると少し理解できるような味わいがします。
 
たしかに、豆茶もあるように、珈琲を薄めに味わい人だと、お茶感覚で飲めるはず。
飲みやすく、すっきりとした後味と深みのある味わいのような気がします。
万能受けする飲みやすいコーヒーの味でした。

 

辻本珈琲さんの珈琲の種類はとても豊富。
見た目のパッケージデザインも洗練されたように美しい。ギフトにまた送りたいと思います。
 
 











2023年初の無印良品へ。おすすめ冬季限定チョコレート!

“コーヒーと暮らしを愉しむ”にたまたま訪れてくだった方、いつも訪れてくださる読者の皆様、誠にありがとうございます。
 
さて、2023年初めての無印良品へ行きました。

 

 

あれこれ物色しつつ、これ買いたい!と目に付いたのが「チョコレート」の商品の数々……。見るからに美味しそうな種類ばかりがあまりにも揃っていたので目が輝きました。迷いに迷い、数種類買ってみたものをご紹介したいと思います。
 

カカオトリュフ オレンジピール 100g

 

オレンジピールの粗さ、食感がちょうどいい。滑らかな口どけカカオトリュフとの相性が絶妙にマッチしています。これは、おいしい!の一言です。

 

カカオトリュフ マール・ド・シャンパーニュ

 

カカオトリュフにシャンパーニュ地方産の、ぶどう由来の蒸留酒「マール」を練り込んであります。「マール」とはブドウの絞りかすを蒸留することで造られるブランデーの一種。

量産できないことから、あまり出回らない希少なお酒のようです。

 
食べてみるとすぐに感じる奥深い芳醇な味わいが、一口食べて、また一口…と噛んでいくたびに鼻から抜けていきます。
 

クーベルチュールの割りチョコレート ピスタチオ 90g

 

甘すぎない程よく、口当たりと良くて後味もすっきりとしていて残らない。上質なチョコレートの味わいがします。

 

無印良品の「花型のプレーンクッキー」と「マサラチャイ」と一緒に食べました。サクサクッと優しい味わいなので1枚食べても満足感の高いクッキーです。

 

 

 






エコで経済的で快適な「固形シャンプー(シャンプーバー)」の虜になりました。おすすめ商品もご紹介

“コーヒーと暮らしを愉しむ”にたまたま訪れてくだった方、いつも訪れてくださる読者の皆様、誠にありがとうございます。
 
徐々にエコ意識が高まる世の中。知らず知らずのうちに目にする機会も増え、生活にも取り入れてみるようになってきました。その中でも使ってみてよかったと思えるのが、「固形シャンプー」。
 
私自身も固形シャンプーって、髪がキシみそう、ダメージ保護してくれるの?など、実際の使い心地が気になりつつ、恐る恐る試してみたのもあります。
……が、使ってみてコスト、品質の良さといい、予想以上の快適さに非常に驚きました。
 
なので、今回、固形シャンプーのメリット、特徴を踏まえ、おすすめ商品もご紹介してみようと思います。
 
 
調べてみると、「固形シャンプー」の商品の数に驚きました。こんなにも世の中にすでに出回っていたなんて…!世界中で、あらゆる固形シャンプー(シャンプーバー)が作られて、愛されていたこと。
 
固形シャンプーは天然由来の成分を中心に作られているものが多く、強い洗浄成分も含まれていないため、髪や頭皮への負担が少ないようです。原料や製造工程にも配慮された製品が多く、安心して使えます。
 
名の通り、液体ではなく固形シャンプーなので、プラスチックボトルが不要で環境にもやさしい。詰め替えも不要。
 
香りもよく、継続してずっと香り高い
 
固形シャンプーが好きな理由としての大きな点のひとつとして、見た目の色彩のあるカラフルなデザインという視覚から楽しめることと、香りがよく、継続して香るということ。お風呂場に入ってもふんわり漂ってくるいい香りーー。
 使い勝手もよく経済的
固形シャンプーの価格帯も1,000〜3,000円相当のものが一般的。
液体シャンプーに比べて持ちもよく、経済的です。
液体シャンプーの最後の方になると、出にくくなるという不快感や手間もなく、とても快適です。
 
使い続けてみた感想
 
使い続けてみて、髪へのダメージが少ないため、まとまりが良くなった。洗浄成分が優しいのに、石けんのようにもみ洗いしていくと、泡立ちも良し。健康な頭皮、強くたくましい髪に導いてくれるような気がしています。
 
ということで、最後に何種類か使ってきた中で1番よかったおすすめ商品をご紹介したいと思います。
 
 【 Vita Green ビタグリーン バイ ミアベル 】 
 

ニュージーランドのオーガニック認証機関。認証基準は非常に厳しく、動物実験、遺伝子組み換え、日常的な合成農薬の不使用、更に合成肥料、殺虫剤、抗生物質などの投与や照射を行ってはならないとされています。”-楽天市場販売社説明欄より参照-
 
※オーガニック成分(保湿)
シア脂、ホホバ種子油、ヒシマ油、アロエベラ液汁 配合。
内容量:70g
 
素材の精製法や抽出方法まで徹底的にこだわりぬいた製品のようです。
確かにほかの製品に比べてナチュラル感がすごく感じられます。泡立ち方がじわじわ泡立ってきてすごくナチュラル。香りも鼻にツンとこない優しい成分の香りがするのがすごくお気に入りです。
 
現在、3種類のシャンプーバー、1種類のコンディショナーバーが販売されています。
 

 

トリートメントまであるので、液体シャンプーよりも上質な仕上がりになる感じがします。
 

私は、「シャンプーバー」は、(ビブラド)をずっと愛用しています。

少しエスニックというかウッディな香りが好きなので。爽やかな香りもあり、すごく女性好みな香りではないかと思います。
 
 
 
 
 

 






タリーズコーヒー×ハリーポッターコラボ「マジックホリデーブレンド」が美味しかった

 
明けましておめでとうございます。
本年度も益々充実した時間を自分なりに見つけつつ、ブログも精進して書いて参りたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
改めまして、いつもコーヒーと暮らしを愉しむに訪れてくださる読者の皆様、誠にありがとうございます。
 
 
さて、前回に続き、今回も「タリーズコーヒー豆紹介」をしたいと思います。
 
子供たちとの出かけ先にいつも見かけるタリーズコーヒーさん。お出かけついでによく購入したくなるのもあります。そして、こないだ購入した珈琲豆が、とても個人的に大当たりだったので再び買いたくなったのもあります。ですが、今回購入したくなった珈琲豆がコラボ商品とのネーミングセンス惹き付けられてしまう最強タッグだったので、「買ってみなくなった…!」というのが、大きな理由です。
タリーズコーヒー/ホリデーマジックブレンド

2022年10月28日(金)より「ハリー・ポッター」とコラボした商品。

 

少し出遅れましたが、コラボ商品と珈琲豆の特徴欄に書いてある“飲みやすさ感”に惹かれ、購入してみました。

 

〖飲んでみた感想〗

 

どこか奥深い懐かしい香りが豆から漂ってきました。ハリーポッターד物語を楽しむためのオリジナルブレンド”とうたってあるせいもあるのか、自分で想像を引き立てて飲んでしまいました。
 
一口飲んでまず最初に感じたのは、とてもしなやかな“柔らかい”口当たり。濃くもなく、珈琲の奥深い味わいも感じつつ、

口後に残る、清々しい酸味が一瞬花火のようにガツンと現れ、スーッとやわらかく消えていく……コーヒーの名の通り、なんだかまるでマジックのような不思議な後味が印象的でした。

 

 

喩えるなら、

“いつも変わらぬ静けさの森の中にときどき差す光”

みたいな、心地よい刺激を感じられる……

なんだか飲んでいて、とても癒される味なのです。

 

飲むときに一緒にするお供に、抵抗なく染まっていくしなやかな味わいも持ちつつ、コーヒーそのものの味わいの良さもしっかり引き立ったままです。

コーヒー単品でも非常に飲みやすいほど、十分に美味しさが感じらます。

 

 

そんな、心地よい味わいがしました。

 

ちなみに、最近のコーヒーのお供にオススメは、

TOBLERONE(トブラローネ)」のチョコレート。

スイス産のチョコレート。

マッターホルンをかたどった三角の形。

山が3つに分かれていて、1口かじって、珈琲をスルスルとすすり、また1口かじって……と、コーヒーにちょうどよく食べられるお供です。

 

もちろん、味も美味しいのでお供にしています。

「ハニー&アーモンドキャンディー入り」で、カリカリッ濃厚な味わいと食感も楽しめます。

 

原材料名:砂糖、全粉乳、ココアバターカカオマス、はつみつ、バターオイル、アーモンド、乾燥卵白(卵を含む)/乳化剤、香料

 


トブラローネ 「タイニー・アソートパック」の2個セット【TOBLERONE、三角チョコレート、スイスのチョコレート、送料無料、輸入チョコレート】

ビスケット&クリームチーズも珈琲の味わいも楽しめてよく合うので、ハマっています。

 

(写真は、柿酵素ソースがけ)

このクリームチーズが絶品です。

まるで、牛乳を頂いてるかのような濃厚でフレッシュな味わいがします。正直、他の製品を食べづらくなってしまうほどの美味しさです

 

 

 


白バラ クリームチーズ【180g×1個】クール便/チーズ cheese クリームチーズ

ヤマザキビスケット ルヴァン プライムスナックS 39枚入×3個 クラッカー カナッペ

 

 

日常生活でごく身近で頻繁に親しむ珈琲だから。

なるべく手に入りやすく、気軽に美味しく飲める珈琲を。ときには、特別なときに飲みたくなる珈琲を。

そんな風に、ご紹介できたらいいなあと思っております。

 

日々の珈琲ライフの参考に楽しく、読んでいたたら幸いです。

 






タリーズコーヒーの新商品「コスタリカ マイクロロット」がものすごく美味しかった

こんにちは。

このブログにたまたま訪れてくださった方、そして、いつもコーヒーと暮らしを愉しむに訪れてくださる読者の皆様、誠にありがとうございます。

 
少し、お久しぶりです。
ここ最近、良い意味であれこれ思うことが溢れすぎていて、考えが追いつかずの日々で更新もまとまらずで、ようやく一記事更新させていただきますね。
 
みなさま、お待たせしました。久しぶりの「珈琲豆特集」です。
 
珈琲は相変わらず、あれこれ 毎日飲みつけていましたが、ここ最近私の場合、単純に珈琲を味わって飲みたいよりも、「飲む時間を大切にしている」気がしました。ですが、久しぶりに、お…!と驚くほど美味しい珈琲を見つけ、ぜひともご紹介したくなった次第です。

 

タリーズコーヒー/コスタリカ マイクロロット【中四国限定】テイスティングワード

偶然にも立ち寄った、タリーズコーヒー

店頭前に並んでいたため、すぐに目に入った数々の珈琲豆。その中から、一際目立つレジ前に並んでいた珈琲豆がありました。これは、おすすめ商品に違いない!と思い購入したのが、“コスタリカ マイクロロット”でした。(2022年12月23日発売)

 

「マイクロロットプロジェクト」とは、2008年にスタートした、コスタリカの中でも非常に品質の高いドータ農協のコーヒーの際立つ個性や特徴を持つ、厳選された完熟赤実100%のコーヒー豆を販売。

 

 私が飲んだのは、“中四国限定商品”の
テイスティングワード](生産地区 エル ケマード)。

 

調べてみると【地方限定商品】だったのですね。

4つの地方毎限定に珈琲豆を振り分けるなんて、何とも惹かれてしまうじゃない…、なんて思いつつ、さらに製品に対して魅力的に感じてしまいました。

 

あと2種類、コーヒーマスターが在籍する店舗限定のみで販売されている豆もあるようです。

 

飲んだ感想としては……

正直、この全6種類の商品飲んでみたくなるほどの味わいでした。

 

 

 

封を開けると……漂うナッツやキャラメルを思わさるようなコク深い芳しい香りが漂ってきました。ベリーの酸味、ナッツを思わせる濃厚な甘みの融合のバランスのとれた味わいでした。後味は、まろやかな甘みなのにまるで完熟しフルーツジュースのような奥深いコクを感じる口当たりのいい余韻が長引くほどに残ります。
 
とにかく、甘みを感じられるのがすごく印象的でした。飲みやすい味わいです。また飲みたくなるような忘れられない味に。久しぶりのタリーズコーヒーでしたが、こんなに美味しかったなんて。という感想です。なので、これは、また近いうちに絶対買います。また違う豆も飲みたくなりました。
 
さっそく珈琲豆缶に入れて。

あまりにも美味しくて、毎日しっかり3杯飲んでいます。あっという間に、もう無くなりそうです。

 

ついでに、お茶もして帰りましたが、珈琲豆を買ったので、一杯ショートサイズを試飲させてもらえました。すごくラッキーな気分。どの珈琲も美味しいですね、タリーズコーヒーさん。