コーヒーと暮らしを愉しむ

珈琲のある暮らし。珈琲器具、珈琲豆、アレンジレシピ。自分なりの幸せが増えてく暮らしを愉しむモノ、瞬間の物語。

最近買ってよかったもの【2022秋】無印良品、ユニクロなど

こんにちは。マコです。

いつも訪れてくださる方、読者の皆様、ありがとうございます。

 

早くも11月に突入しましたね。

では、ここらで買ってみて良かったものをご紹介します。

 

無印良品/オリジナルブレンド 200g

 

無印良品で欲しい物の買い物ついでにコーヒーも切れそうだったので購入しました。

 

以前、ダークブレンドを購入して見た事がありますが、

mako-bookdiary.com

オリジナルブレンドは、程よい酸味と豊かな甘みも感じられて飲みやすかったです。

朝食のお供に飲みたい爽やかな味わいの印象。

 

次回も買うなら、個人的には飲みやすいオリジナルブレンドかな〜と思いました。

 

満足の美味しさで、税込490円という価格も気に入ってるので、買い物ついでにまた買うと思います。

 

お気に入りのキャニスターに入れて保存してます。

買ったままのパッケージ袋で管理してきましたが、やっぱり粉を取り出しやすい。

 

 

 

UNIQLO/タートルネックヒートテック

 

 

 

 

ヒートテックタートルネックVer.が幸運にも当たりまして。

 

ヒートテックは、毎年愛用してるものの、タートルネックにしてみると、首も隠されて暖かみも倍増した感じ。体の温度が逃げなくて芯から冷えにくい。

 

足元も冷えるからレギンスも欲しくなりました。着ていたら、寒さで身体縮まらずに冬乗り切れそうです。こんな優秀な物プレゼントで貰っちゃって、しかも、防寒対策として新しい発見できて幸せです。

 

濃いめのブルーを選びましたが、シックな印象になり、合わせやすい色です。

 

インナーとして着て寝てから翌朝もそのまま日中の普段着として活躍するズボラな快適な暮らしが最高です。

 

KIEHLS/クリアリーホワイト ブライトニング エッセンス 50 ml

 

 

最近、肌荒れとくすみが気になりだしました。

子育てで、余裕と気力が残っていなくて、ここ最近の手入れが雑になっていたのと、成分は大事だよ!とスキンケア製品に詳しくなってから肌改善がはっきり見られてる姉に聞いていたので、慎重に選んでみました。

 

……思い切ってご褒美にちょっと奮発しました。

使用後すぐにめちゃくちゃ効果が感じられてきました。

1週間が経ちますが、肌のトーンが上がってくるのと、持っちり弾力がでて、毛穴が引き締まってきました。

 

肌の調子も整います。

 

使用後もベタつかないさっぱりとしたテクスチャーだけれど、ずっと肌がもっちり保湿力も高いです。伸びもいい。

 

 

 

 

 

 

秋の食材で楽しむミニマムライフと暮らしの余白の作り方

子供たちを送った後にまず、お香を炊いてリラックスしながら散らかりまくった部屋をせっせと掃除する事から一日が始まります。早く済ませないとこなしたい事をする時間が限られてきます。私にとって楽しく癒される時間は確保しなきゃ、自分エネルギーが充電されないみたいです。

 

 

毎朝必ず飲みたくなるコーヒー。早く飲みたいとすぐにハンドドリップで淹れるものの、1口含んだらいつでも飲めることに安堵するのか家事やら思いついた作業をこなしてしまい、合間で1口……と飲んでいたら、途中ですっかり冷めてしまう事が日常茶飯事です。

 

それでもやっぱり冷めてしまうのが凄く嫌な時もあって、コーヒーブレイクの時間に集中し、一瞬にして飲み干してしまうこともあります。基本的にコーヒーが手元に置いてあっていつでも飲める状態にある。こと自体が、落ち着くというか習慣という暮らしの風景にもなっています。

何かと葛藤も多いけれど、気が抜けるティータイムと子供たちが元気で家族で過ごしていけたらそれだけで毎日を乗り切れる気がします。

 

 

色んな場面で一つの季節を感じられる瞬間が大好きです。何だかその季節が愛おしく、大切に過ごしたいと思えます。

 

秋だと、近所のどこからかほんのり香ってくる金木犀香りがたまらなく大好きでずっと嗅いでいたくなります。昔から実家に金木犀の木もあって、その香りがしてきた頃には秋の訪れを自然に感じられました。

 

寒くなってきたので冷えやすい手をコーヒーカップで温め、飲みすすめながらコーヒーの余韻に浸ってあれこれ思い巡らせ自分を見つめる。余白のある時間は大切に。手元もじんわり温まると同時に、心にまで浸透して癒されパワーも絶大です。

 

 

最近買ってみたUCCゴールドスペシャルが美味しかったです。コク深さをしっかり味わいたいけど、苦味が強くなく、甘みが丁度良く飲みやすい味でした。

 

 

 

飼っているウサギのスーもカーペットをリビングに登場させると同時にやって来るようになりました。ウサギも寒くなると暖まりたいようです。

 

秋の食材も美味しくいただく日々

実家で育った大根を頂きました。大根と言えば、煮物。おでんは大好きですが、子供達がどうも大根が辛いと苦手らしく……何か食べてもらえる方法は無いかと思い、薄くスライスしてさりげなく豚汁に入れてみました。

 

たまたま父が家に来た時、おでんを作ってくれて置いていった“おでんの素”が残っていたので、普段使わないけれど、せっかくだから何かに使えないかと思っていたところ、今回の豚汁に利用。出汁入り味噌とおでんの素を少々入れたらコクが増した美味しい味わいになりました。

 

 

おでん味噌も残ってたので、こないだ見つけた「ぼくイラスト料理」さんの“なすの味噌チーズ焼き”にそそられていたので、アレンジして作ってみました。

 

結果……味噌に酢が効いてるのおでん味噌が美味しさが増したようで大成功。恐ろしくご飯が進む味です。たまにじゃないとご飯の消費スピードが早まりそうなのでたまに作るのが良さそうな程。

 

かぼちゃはレンジで柔らかくしてペーストにしておくとアレンジが効きます。

この前おやつに作ったクリームチーズと実家に貰った黒豆煮との融合。



ココナッツサブレをお友達に頂いてたので添えて食べました。冷蔵庫で冷やしてから食べるとより美味しいですよ。リッツでも美味しいはず。

 

かぼちゃとクリームチーズ、はちみつ、ココナッツサブレを挟んでホットサンドにも。

これは、絶品。

かぼちゃだけでも十分に甘くて、まるでかぼちゃチーズケーキみたいな味。はちみつ要らなかったかもなあ。

 

 家にある食材だけを使うけれど、新鮮な気持ちになれるレシピを考えて作る、ミニマムな暮らしを美味しく楽しくいただいてます。

 

 

少しずつ感慨深くなる四季を過ごせるようになったのも何だか歳を重ねてる気にもなります。やっぱりあれこれ思い巡らせて考え、自分なりに何かを整理するかのように得ている気になる事が好きな性格なんだと思います。考え出したら止まることなくずーっと浸っていられます。それもまた退屈しなくていっか、とも思えるこの頃です。

BRUNO(ブルーノ)のホットサンドメーカーを新調。レシピもバージョンアップ。

 
一昨日は、次男が夜中に咳が止まらなくて親子で寝付けず。昨晩は長男が謎の嘔吐をしました。2日連続で立て続けに息子たちの体調不良はあまりにも珍しい事なのでちょっと驚きましたが、元気な姿をみて朝を迎えることができ安堵しました。睡眠はやっぱり大事です。体の疲れが取り切れてない感じです。
それでも今日は、二人共に保育園の戸外活動で、パンパンな重たそうなリュック背負って行きました。元気に楽しく、お弁当も美味しく食べて過ごしてるといいな。
 
今朝は寝坊した上に子供たちの保育園の荷物を忘れてもう1回届けに行くという、いつも以上に慌ただしい朝だったり。そんな私でも日々気持ちよく何とか過ごせるように、ダメダメだなんて思わないように、仕方ないで済ませておくことにします。
 
朝ごはんは珈琲のみだったので、仕切り直し。特に今日は自分で自分の機嫌をとる日です。
 
疲れた時は濃厚なものが欲しくなります。エネルギー補給。ちなみに、昨日は、みかんとクリームチーズ、練乳入りホットサンド。

 

 

クリームチーズとフルーツさえあれば、何でも変化を加えて美味しく頂けちゃいます。
今日は、焼きそばホットサンド。

数年間愛用していたホットサンドメーカーが壊れてしまいました。分厚めに挟みすぎてしまったのが原因です。普通にサンドしてトーストで焼くか。と、新しいものを購入するのは辞めておこうと、一応壊れた事を夫に報告しました。新しい物は買わないでおくわ、と言いましたが、……すぐに新しい物を注文したよ。と。子供たちと私がご機嫌になる事を何よりも喜ぶ夫。きっと、ホットサンドを毎日好んで食べるのを知ってるからでしょう。こういう時の夫のとっさの対応力に驚かされます。家族思いな姿にこれまた感謝です。

 

 

 

 

2人前用+グリルプレート付きに新調してくれました。

タイマーしておけば、野菜や肉も美味しく簡単に焼けます。

これで、ホットサンドのボリュームもバージョンアップ。1人前用よりも分厚めに挟め、温度調節も可能。また一段と新しい具を発見したくなりました。おかげでまた美味しいホットサンドが頂けます。

夫婦、互いに慣れない環境で違う大変さを抱えながらも懸命に過ごしています。また今を乗り切ろう、とも思えました。
 
みなさんも、素敵な一日をお過ごしください。
 

【備忘録】心地よく生きてくために“気の持ち方”を大切に

こんにちは。マコです。

いつも訪れてくださる方、読者の皆様、ありがとうございます。

 

ちょっとここらで、また備忘録を。

思い出したくない過去の記憶はなるべく掘り起さないようになりました。振り返っても過去は過去の自分。人目を気にして、私がおかしいんだろうか、とか、世の中と足並みが揃わないんだろうかという漠然とした不安も押し寄せて来る時があります。それでも、在りたい自分の姿で、自分の意識に合わせて生きてみよう。積極的に向き合いたい事に意識を注いで向き合うと、何だか心も新鮮でわくわくしてきて、更に日々生きる力が湧いてくる感じがしますから。

相手が伴うことはどうしても複雑に慎重になりやすいけれど、納得いくまで向き合って、後は時の流れに身を任せるしかないって思うようにしています。いつも自分自身がどう向き合うかが重要であって、判断という選択はいつもついてきます。ただ、なるべく心地よく生きていける為に選択しなければならない事もあります。いつも上手くいかない事が多いもんだから、なるべく後悔無いように過ごせていけたらいいな、と思いながら。


最近強く感じるようになったのは、過去でも現在だとしても、何事も決めつけてしまうと心苦しくなってしまうという事です。

例えば、ちょっとした事なんです。洋服を選ぶ時に「着たくても何だか自分には似合わない気がする」とか。きっとあの人はこう思ってるんだろうなあ、とか、あの人はこういう考えなんだろうなあ、とかで、一見理解しずらいことも相手の立場を一方的に決めつけないように考えてみるようにもなりました。

よく考えてみたら、日々生きてる中で自分の視点での思い込みフィルターが常にこぼれ落ちていて、気づかされる事があるからです。

一旦丸く収まるところに整理して収めて「〜かもしれないな」ぐらいに考えておいて。思い直す余白を作っておくと、「もしかしたらこうかもしれない」と、柔軟な心の切り替えがしやすくなってる気がしています。思い直すことって大事だなあと。


自分の気の持ち方しだいで⑵

私の中で、いつもついついチェックしちゃうな~と言う物といえば、ティーカップ、お皿とかの陶器類、お洋服とかです。いつもSNSで偶然好みのデザインを見つけては、眺めてうっとりしているのがお馴染みの習慣とも言えます。

……ですが、現状としては、子供たちがまだ小さくて危機管理能力を高めてる真っ最中です。いくら欲しくても壊れてショックな物や手間がかかるとか、神経を尖らせてしまう物は買わないようにしています。

いつか、子供たちもある程度成長して落ち着いた生活が送れる時が来たら、自分にとって胸ときめく物たちに囲まれて過ごせる日が来ますように。

今はそんな日が来るまでの準備期間として、徐々に使い終えた物と新しく加入する物とバトンタッチしながら、理想的な暮らしと物をあれこれ想像して。今は自分に合ったほしい物リストをじっくり考慮しつつ、理想的な暮らしをあたためてるようなわくわくする時間です。そんな風に考えてみると、何だか妙に楽しい思い出になりそうな気がしてきます。


自分の生活の中で使いやすくなかったり、不便さを感じる物は大抵使う機会があまり登場しません。最後まで使い果たすのに苦労することさえあります。ストックが切れても他に代用品がある物は、もっと暮らしやすい代用品が見つかることが多いんです。

今のところ買い物で重要視してる部分としては、今にある暮らしがより心地よく穏やかに過ごせそうだと思った物を決めて選ぶようにしています。願望としては欲しい物が、今の自分の生活環境に適応しそうか、という具合を考慮した上で。

あ、でも今しか買えなさそう、とか、貴重だったり目新しさや心輝く物は試してみるようにしています。びびっと直感が作動したように迷わず買ってみたくなる物は、自分の生活の中でしっくりくることも多いです。気に入った物は、飽きずに使い古すまで長く愛用するようにもなりました。理由は、使い心地が良いからでしょう。

気の持ち方しだいで ⑶

毎日のように子供たちが見事に毎日お部屋を汚してくれます。これほど出るか、というくらいのゴミが発生します。元気な証拠です。

一日にこまめに掃除してたり、気をとがめたりしてたらあっという間に神経がすり減りそうになってしまいます。子育てという、とめどなく巻き起こってくる作業を懸命にこなす為に、気を落ち着かせる瞬間は終始ほぼありません。時には呼吸でさえも落ち着いて出来なくなるような怒涛の忙しなさが押し寄せます。数分で終わってしまうような家事でさえも何倍速で終わらせてしまいたい、しっかり体と精神を充電する為に寝る時間が 24時間あればいいのに、という気にもなります。子供達と接するためには、余裕をなるべく持たせることを優先的に考える。そんな心持ちで過ごしていかなければなりません。

ワンオペ育児となると、その気持ちが余計に大切になってきました。まとめて掃除してたらいいや。親子でも嫌なことは伝えて理解し合えたらいい。そんな風に一つ一つの事を切り替えて丸く収めていかなければ、いちいち気にしてたら気が持ちません。

余裕がない時ほど、「あ、危うく自分の機嫌を誰かに良くしてもらいそうになってた。自分で自分のご機嫌とってなかったなあ。」なんて、自分自身へのダメダメ攻撃が強くなっていると思い直す時もあります。

できないことを責めてもしょうがないし、どうせ悩んでも自分で上機嫌にならなきゃどうにもしょうがないことだらけです。生きてくって本当に大変だし、生きてるだけでも十分凄いことじゃないかとも思える時さえあります。

とにかく、心穏やかにやるべき事をこなせる分だけ出来たらいいや。そう思ってると、心にくっ付いていた変なプレッシャーみたいなものが少しずつ剥がれてくように、気持ちが軽やかに、また乗り越えて生きてけるような気がしてきますから。

みかんが美味しい季節に。アレンジおやつを楽しむ日々。

こんにちは。マコです。

いつも訪れてくださる方、読者の皆様、ありがとうございます。

 

スーパーにみかんが豊富に売れてるのを見かけて、「あ、旬だから食べたいなあ」と思うようになりました。
 
小ぶりな早味みかんがあまりにも可愛くて、子供たちにもちょうど食べやすいサイズだと思い、買ってみました。

食べてみると……甘さがぎゅっと凝縮されたように口の中に広がりました。すごく美味しくて親子で贅沢にもバクバク。食べる手が止まりません。
大人は、一口でパクリといけちゃいます。

焼きみかんにしたらこれまた甘さが増したように美味しくて思わず頬がふふふと緩みます。

 

クリームチーズを塗って、スライスしたみかんに練乳がけトーストに。

みかんジャムに練乳を加えたみかんラテ

みかんの爽やかな甘さと酸味がクセになります。

 

ホットver.にも。

ティラミスにもちょこんと乗せたくなりました。

間違いない味、美味しいです。 

 

みなさんも、今だけの旬のみかんの虜になってみてはいかがでしょう??

 

みかんの新しい発見があるかもしれません。

 

 

 

 

 


 

ホットケーキの魔力。美味しかった理想のレシピもご紹介

こんにちは。マコです。

たまたま訪れてくださった方、いつもブログを読んでくださる読者のみなさま、いつもありがとうございます。

 

そろそろ肌寒くなってきて足元が冷えやすくなってきた。ふとした瞬間に「あ、秋だなあ」という季節を感じられる場面も多くなってきました。毎年この時期になると、あれこれ食べたいと思いつく欲がごく自然に沸き起こってくる、まさに食欲の秋、到来という感じ。

 

寒くなると食べたくなるのが暖かい食べ物が大半だけれど、その中でもよく思い浮かぶのが「ホットケーキ」。

 

ホットケーキは、年中ふとした時に食べたくなるし、何だか、疲れが溜まってる時、癒されたい時につい食べたくなる存在でもあります。

 

まず、なんと言ってもホットケーキのふわふわで分厚い生地のビジュアルの魔力は、いつ見ても感心してしまいます。食べてもふわんふわん。口溶けしゅわ~。な食感に、思わず幸せな気持ちが一気に込み上げ、ストレスも吹き飛んでしまう。実際に味わって、そんな訳を既に体験して知ってしまっているから。

 

もはや私にとってホットケーキは、ビジュアルと美味しさを兼ね備えてるだけじゃなく、幸せな気持ちを呼び起こしてくれる“ホッ”とケーキと名付けたいくらいです。思わず見てしまったら「あぁ、食べたい」という欲求が駆られる事は日常茶飯事。と言っても過言ではないくらい、よく見慣れた光景でもあります。

 

 

生地の食感や見た目は多少違っていても、ふわふわのあたたかい生地で、ホットケーキと言われてしまったら、それはもうホットケーキ。もはや、そんな気になって美味しく食べられちゃうような存在。

そして、同時にこう思います。「あ、最近の私は危うく自分の機嫌を誰かに良くしてもらいたい、なんて思いそうになってた。そういえば、ホットケーキを食べてる時のように、自分の機嫌は自分で取る方法を知ってたはず」だって。


一日の始まりに自分を元気づける為に食べるとか、自分を慰めたい時に食べるように、「幸せな気持ちが漲るような事を考え直す努力をする時間が常に必要だったなあ、と。

 

ホットケーキは食べたい時に素直に食べるのが最高の薬。というのも、私の中で自分自身がどう在りたいのか分からなくなりそうな時に、ホットケーキを食べてる時のように、一旦落ち着いて気持ちの整理整頓をする事ができる時間を。と思い出すための時間にもなるからです。

さて、最後にここ最近食べたホットケーキの中で最高に美味しかったおすすめレシピをご紹介。
 

豆腐ホットケーキ

これは、たまたまTwitterで見かけた「ぼくいらすと料理」さんのホットケーキレシピ。

 

 
ふわふわのボリュームのある見た目に惹かれ、更に豆腐だから栄養も取れて体にもいいなと思い、さっそく作ってみました。
 
ほんとにふっかふかになった。

 

 

 

 

バターと蜂蜜をかけて、いただきます。

 

 

食べてもあまりのふわんふわんな食感に、口の中で噛む弾力に驚き。すごく美味しい。食べると、楽しくさと幸せが溢れるホットケーキです。

 

この“ふかふか“食感は、1度味わってみてほしい。

 

 

豆腐だから栄養豊富で1日の始まりに食べたら元気でそうです。疲れが溜まってた時の癒されメニューに決定です。

 

この“ふかふか“さは、1度味わって見てほしい。

 

おすすめのホットケーキミックス粉はコチラ。

米粉は、ほんのりした自然な甘さでバクバク食べられます。

 

ではでは。

 

 

 

 

食欲の秋到来。思いつき創作料理で美味しかったレシピ3選。

家にある材料と組み合わせて、頭の中で思いついた物を創作して作ってみた時に何とも美味しく出来上がった時の至福の余韻に浸れた時の幸せといったら堪りません。
 
食欲の秋ということで、あれこれ食べたい、という欲も出てきやすくなってきました。
 
ということで、最近作った思いつきレシピをご紹介してみようかと思います。
 
あくまで個人的に好んで食べてるものですのでご了承くださいませ。
 

焼肉ライスバーガーホットサンド

 

 

 

何だかありそうで見た事ないホットサンドの具だと思ってます。(……あるのかな?)

 
材料
・食パン 10枚切り 2枚
・千切りキャベツ
・豚バラ
・焼肉のタレ 又は、醤油、砂糖、みりん各大さじ1
・ご飯
 
作り方
1.ホットサンドメーカーを温めておく。
2.キャベツを千切りして塩ダレと和える。(タレは無くても美味しい)
3.豚バラを焼き色がつくまで焼き、火を止めて焼肉のタレを絡める。
4.食パンにご飯、千切りキャベツ、肉、をお好みで乗せ、また食パンでサンドする。
5.ホットサンドメーカーで焼けば完成。
 
いつも愛用してるホットサンドはこちら。
 

鶏ムネチャーシューのポッサム

 

 

韓国料理のポッサムと言えば、豚肉ですが、鶏ムネチャーシューVer.にしてみました。

と言うのも、3歳と5歳の子供たちは脂身の多い肉やが苦手でして。

 

なので、我が家は、鶏むね肉を皮の部分は取り除いて食べません。そして、食べやすく薄めに切ってあげたら、自分達でバクバク包んで食べてくれます。

 

材料

・鶏むね肉 2枚

・(a)醤油、砂糖(大さじ4)らっきょう酢(大さじ2)鶏がらスープの素(小さじ1)、水(1cup)

・サンチュ

・包みたいお好みの野菜

・キムチ(個人的に油で、キムチをニンニクと一緒に焼いて包んで食べるのが好きです)

コチュジャン

 

作り方

1.鍋に鶏むね肉の皮のついた部分を下にし、(a)を加えて2分、裏返して2分、また更にひっくり返して各2分ずつ煮込む。粗熱が取れるまでしばらく馴染ませておく。

2.もやし、にんじんなどをごま油で炒め、鶏がらスープの素を少々振りかけ、お好みで味付けしておく。

 

あとは、お好みでサンチュに包んで食べるだけ。

 

 

包むのが大変で面倒になったら「食べさせて〜」と甘えてくるところがまた可愛い時や少し面倒くさくなる時もあります(笑)

 

鶏むね肉が脂身が少なくあっさりしてるので、野菜と包んでバクバク食べられます。

 

秋のお芋類たち集合ポテトサラダ

 

 

材料

・さつまいも 2本

紫芋 1本

・かぼちゃ 4分の1

・林檎 4分の1

・ハム 適量

・マヨネーズ、塩

 

作り方

1.さつまいも、紫芋を炊飯器に入れて水を2/1cupくらい加え、通常炊きにして柔らかく蒸すして粗熱を取って冷ましておく。

2.かぼちゃは、小さめに切り、ラップをかけて4〜5分チンして柔らかくする。

3.林檎、ハムはお好みの大きさに切る。

4.柔らかくした1.の皮を剥き、1cmくらいに角切りにする。

5.ボールに4.と2.、3.とマヨネーズ、塩を適量加えて味付けして混ぜ合わせたら完成。

 

たまたま貰ったさつまいも、紫芋、かぼちゃ。

 

 

 

 

彩りが綺麗そうなので、ポテトサラダにしちゃおうと、冷蔵庫似合った物を合わせて作ったら秋らしくて甘いおやつ感覚でも食べられる味になりました。

 

 

 

ぜひ、お試しください。美味しく食べられますように。