コーヒーと暮らしを愉しむ

コーヒーのある暮らし。コーヒー器具、コーヒー豆、ドリップ、コーヒーアレンジレシピなど。増えてく暮らしを愉しむモノ、瞬間の物語。

生きやすくなってくために「考える」暮らし

 

こんにちは。マコです。

いつも訪れてくださる方、読者の皆様、ありがとうございます。

 

ここらでまた備忘録を。

 

 

 

時に考えすぎるというか、思考をあれこれ味わいすぎてしんどくなる時があります。

日々のあらゆることが脳内にいっぺんに押し寄せてくるような、頭をかち割ってしまいたくなるときさえあります。「どうしてここまで考えてしまうのだろう?」なんて、悲観的になってしまう時もあったり。ときには、自分の考えと人の気持ちを行き来して、あれこれ考えすぎちゃって、結局どうしたらいいんだろ?状態になるときもあります。

 

 

そんな「考えるすぎる」状態は、ゴールになかなかたどり着けなくて焦っちゃう迷路みたいに、少し途方に暮れるような感覚になって、不安になりやすいとき。そんなときに、「あ、なんだか疲れてるな」「元気がでにくいな」とエネルギー切れに気づきます。

 

ですが、最近はなんだか、「これらの感情をすべて含めてもっと大事に味わいたい」って思うようにもなりました。「どうするべきかは頭ではなんとなく分かってるけど、あえて自ら頭をつっこんで、もう一通り納得いくまでいろんな感情を味わって考えみたい」って思うんです。

 

 

例えば、

 

・糖分がとりたくなる、とか、濃厚な物が食べたくなる、とき。(わたしの場合、疲れたあとのコーヒー、紅茶一杯が美味しく感じるとき)

 

・とある景色、モノ、場所、などに対して、自分だけの経験、記憶という視点を通して、何らかの感情が込み上げてくるとき。

 

・子育てで、どうしても四六時中さけられない、自由の効かないような精神がピンと張ってるような感覚にもなるけれど、やっぱり我が子の成長を見守るときのなんとも言えないほどの幸せを感じるとき。

 

もそうです。

 

達成感や大変な思いをしたときに得られる幸福感が高いです。

 

思い返す場面が多いほど、生きているなかで知恵を得ていけるような気がしています。

感慨深く楽しむのを味わったうえで、どうしていきたいか?を考えるから、肌身で感じて得られることがあるんだよなあ、と。

 

何となく生きてる感じがすると、ときに何だか無力感におそわれ、必死に頭を使うようになってくばかりで、しんどくもなります。これは、ちょっとしたセンチメンタルになったり、ノイローゼ状態に陥りやすいので要注意です。頭を抱える、になるとしんどいですから。

 

あくまで、「考える」も、あらゆることに対して気にしないでいいように考えて生きていけるための対処法として。あらゆることに、どう考えていくのがいいだろう?とあれこれ考えてきたからこそ、「こんなこともあるよね」なんて、物事に不思議さや違和感や抵抗感が減って、生きやすくなってくような気がするんです。

 

 

「いま、これを食べると元気になる」とか、「これをすると元気になれる」みたいな、生きるために必要な栄養を補給するように。あらゆる体験から考えた糧という思考材料を、日々の大切なルーティンや現状打開策として身につくパワー源になる気がします。

 

 

どんな毎日でも、何かしら思い、過ごしているわけであって、人生のマイストーリーが続いてくもの。生きてることって大変だなあと思うからこそ、生きようとしてる感が強まってくる気さえしますから。

 

 

なので、せっかく生きてるのなら色んな感情味わいたいじゃない、って思うんです。

 

 

今あることを噛み締めながらも、こだわらず、ためこまず、くよくよしないように。楽しくなる方へ沿って生きてくようにして。

楽しめるように生きてけるような意味を持たせるからこそ、人生って感慨深く生きてけるようになってくような気がしています。

ビタミンC配合のスキンケア製品を試す。【使用感とおすすめ商品】

 

 
最近何かと話題みたいで、よく見かける「ビタミンC」配合のスキンケア商品。
 
近ごろまでは、「レチノール」配合のスキンケアを試していまして。そこそこ調子良しだったのですが、個人的に、肌のピリつき感や皮むけの激しさなどの副作用が、どうしても時折起こってしまいます。
 
 
そこで!
 
肌に対して有効な効果を発揮してくれるとも言われているほど、極めて安全性が高く、皮膚医療としても長年使用され続けている成分の一つである、ビタミンCを使ってみようじゃないか。となりまして。ただいま、絶賛使用開始中です。
 
ビタミンCも、2つの種類があるそう。
 
ピュアビタミン(塗った後すぐに一時的に即効性を発揮する純正の成分である。酸化しやすいため、吸収されずに効力を失いやすい)ものと、
ビタミンC融合体(肌に浸透することで、肌がもつ酵素と分子分解されてからピュアビタミンCとなり、時間をかけて肌の真皮までに働きかけ、効果をより発揮してくれる作用がある)もの。
 
 
ビタミンCの成分が、光や熱によって、体内に残りにくいため、安定性や浸透性に欠けるとも言われてるようですが、最近のスキンケア商品では、浸透性も高めた処方開発も進んできているようで、注目度も高いようです。
 
ビタミンC配合のスキンケア商品は、嬉しい効果も豊富にあるようです。
 
・ほぼ全ての肌質に対して副作用が起こりにくい
・他の成分と併用しても幅広く問題がなく、使い勝手がいい
 
・メラミン生成を抑制させるシミ、シワ予防効果あり
 
さらに、
「ビタミンC融合体」が、肌の皮膚層の真皮まで時間をかけて浸透し、コラーゲン産生を促す効果を発揮してくれる。美白、毛穴引き締め、肌のターンオーバー促進などのアンチエイジング効果あり。
 

 

 

 
 

実際に使ってみた商品と使用感

 

1.TIRTIR/PERFECT-C VITAAMPULE MASK

 

 

 

TIR TIRのビタシートマスクの特徴

 

・化学的に融合されていない、セラム10本分の英国産の99%純粋ビタミンCを凝縮したシートマスク。

 

・100%植物由来のヴィーガン認証マスクシートを使用。

……など、肌への刺激や負担がない成分を元に製品化されてる商品のようです。

 

まず、しっかり商品が梱包されてるところに好印象を抱きました。

テープで固定までされてたので感動。

 

中身も優秀でした。

 

 

封を開けた瞬間、ほわ〜んと香ってきた柑橘系の優しい香り。

 

配合されてるレモンエキスやらビタミンCの香りかな?と思いますが、とてもごく自然な感じの違和感のない、やさしい香りしました。

 

シートマスクは、ベタつかないのにしっかり保湿してくれる感じ。

 

低刺激で肌に優しいのが頷ける使用感なのに、肌にしっかり栄養分が浸透してくれたような肌触りになりました。あと、明らかに毛穴が引き締まったのを実感できました。

 

トーンアップはまだ使い始めて1週間も経過してないので、まだ正直よく分からないけど、今後に期待したいです。

 

個人的に好みの、ベタつかない製品をクリアした上に、効果もバツグンに感じられたので、感動しちゃいました。

 

近くのスーパーやドラッグストアで売れてるのをよく見かけるので、人気商品なのかな?と思います。

 

他にも種類があるので、ご参考に。

TIRTIR楽天市場公式サイト

 

 

そして、もうひとつ。

 

​アンレーベルラボV ビタミンC エッセンス 50ml(税込 1980円)

 

 

 

まず、数あるビタミンC美容液のなかで、パッケージがダントツオシャレで惹かれちゃいました。

 

しかし、惹かれたポイントは、ただ、それだけじゃありません。

 

パッケージに貼り付けてあるラベルの紹介文をみてください。

 

 

数ある美容部門で高い人気を獲得やら、「超高圧浸透型」って書かれたら、そりゃあ、目に止まらないわけが無い。期待して購入してしまいました。

 

アンレーベルラボV ビタミンC エッセンス の特徴

 

商品裏にも記載してありますが、

 

 

・“配合水深1万メートルの圧力に相当する超高圧で抽出したビタミンC誘導体*が角質層のすみずみへ浸透。うるおいを与え、毛穴の目立ちにくいなめらかな肌へと導きます。”  
・“ 6つのフリー無香料・合成着色料フリー・タルクフリー・パラベンフリー・シリコンフリー・アルコールフリー”

・“毛穴、黒ずみ、くすみに集中アプローチ”

 

 

肌にも刺激が少ないように処方開発されてるようで、なんだか安心して使えそうな点も購入の決め手でした。

 

 

 

黄色みがかった、さらりとしたテクスチャー。

 

 

パタパタと馴染ませ、肌にすーっと染み込んでいく感じ。

 

 

ベタつき感がまったく感じられず、さっぱりとした使用感が、好みでした。

 

 

 

使い始めた初日に、すぐに肌が引き締まったのが目に見えてわかるくらいで、さらに、肌の内側から引き締まったのも実感できました。

 

 

翌朝、鏡で肌をチェックすると、しつこい吹き出ものが、明らかに小さくなってたことに感動。なので、ビタミンCの効果の通り、肌のターンオーバーが促進されてる効果頷けました。

 
 

使い始めて1週間経ちませんが、くすみやトーンアップもじわじわ目に見えるほど実感できています。

 

 

なんと、お値段もプチプラ。

 

買いやすく、容量といい、しっかり効果も発揮してくれる、スキンケア選びとして、これ以上に嬉しいことはないですよね。

 

 

買うのに困ったらまたすぐにコチラの商品を購入したくなると思います。

 

 

他にもタイプ別に種類も4つあります。

 

 

アンレーベルラボ公式サイトより画像参照

 

 

ビタミンCスキンケア製品を使用してみた感想

 

 

実際に使ってみて、わかってきたことは、ビタミンC成分は、皮膚層までゆっくり浸透していき、肌へとじわり働きかけてくれる効果をもたらしてくれる感じがします。

 

あと、肌のターンオーバーが促進されてる感じが大きく感じられる気がします。

 

 

 

また新しい変化があれば、報告したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い込みすぎずに生きることの大切さ

最近思うのが、結局のところ、「誰かの考えはこうであって、私はこう思ってる。ただ、それだけのことなんだよなあ」そう考えるだけで、気持ちをラクに保って過ごすことができるんだよなあ、と思います。


自分にとってフツーだとしても、人によってはフツーじゃなかったり。はたまた、これが自分にとってフツーじゃないと思っていたことも、「あ、わたしだけじゃなかったんだ」と、誰かとカチッと意気投合するような感覚になったりして、安心したり嬉しくなったりして感極まったりもしてしまいます。



「フツーならこう考えるだろう」とか、俗に言う、一般論とか知識という型に、考えを無理矢理当てはめない方が生きやすいと思うんです。ああだ、こうだ、と決めつけて想定すると、けっこう苦しくなってしまうんです。基本的な心理や思考は、だいたい同じであっても、人によって嬉しい、楽しい、悲しい、イヤだ、と感じる、色んな意味での譲れない部分という思考は、ピンポイントで違うものだと思うから。


会話の上でも、「打ち明けたいことを自分の言葉で伝えてみる」ことって、かなり大事だなあと思ってきました。こういう風に言ってみるのがいいんじゃないか、と策略的になってしまうと、「あれ?なんかうまく伝えられなかったな〜」とか、どうしても心がモヤモヤしてしまうんです。例えば、良い人に思われたいとか、こんなこと言って大丈夫だろうか、とか。そんなことを気にした考えを優先してしまうと、なんだか変に変にごちゃごちゃした遠回しな発言になっちゃうこともあります。


ここで最近改めて大事だと思うのは、「自分が感じたままを言葉にして素直に伝えてみる」ことです。自分が感じたように思うままに言葉にしてみると、意外とすっきり完結に伝えられたな〜と思えて、「伝えられた感」に満たされるんです。


もちろん、自分なりによく考えて伝えたこと、打ち明けてみたこと自体にすごく意味はあるのですが、なんだか最近、素直に伝えられなかったことって、心に後悔として残ってしまいやすいなあ、とつくづく思うんです。


自分の気持ちをなるべく素直にありのまま話してみたことで、気持ちって満たされていくものだなあと。ありのまま話していくことで変化していくこともあります。


自分はこんな考えだけど、相手は違うかもしれない。


人間関係ってそんなふうに、その部分を話し合ったり、伝え合ったりして深めていくから、当然ながら会話もできて、楽しくなったり、新しい気づきも得ることができると思うんです。



もちろん、受け取る側も伝える側も自由であるし、自分の気持ちの受け取り方次第と言ってしまえば、それで終わりになってしまうのですが...。伝える側もどんな意味でも真心がこもっていれば、言葉って、ある程度よく伝わると思うんです。文章でも、会話でも、心通ずるときって、やはり心が充実しているんです。それが、文章だと特にはっきり感じられるような気がします。


なるべく、自分が語りたいように話しかけてみよう。それを、わたし自身、いま気にかけて、会話を楽しんでみている最中です。ここで、文章を書く際にも、改めて心がけたいな〜、と思うこの頃です。

日々を自分なりによくこなすための記録

 

一日の気分を自分で整えようとしている事にある日、ふと改めて気付くときがあります。

 

一人で庭のベンチに座り、時折吹く涼しい風を感じながら、心地よく、ただ本を読み進める。とか、「子供たちを送り届けた後に一人でドリップして飲む朝一番のコーヒー」とかーー。

その時に、家で自分しか居ない自分だけのお気に入りの空間に浸り、自分自身を見つめる時間が過ごせています。もちろん、私が内向的で一人時間をこよなく愛して日々のために充電する必要がある性質なのもあると思います。一人で充実した時間を過ごすことは、焦らず着実に丁寧に日々を感じながら自分らしく生きてこう、と改めて、自分に深く落とし込める瞬間でもあります。

 

本を読んでいても、読み進めるか読み進めないかはその時の自分のタイミングで決めるように。数ページ読んだだけなのに、十分何かを得たような気分になって、「今日はここまでにしよう」と、満足できて気持ちよく締めくくることができたり。

 

「今日は、なんだか気が乗らないな〜」と、頭の中がごちゃごちゃしてまとまらず、読むのをやめて、「あ、音楽でも聴こう」「あのドラマ見たくなった」とか、「ただ、なにも考えずに寝よう」とか…重苦しい気持ちを、自主的に行動し、“気”を切り替えて気の向くままに調整して頭を整理してみると、悩んでいた事に気づかされる時もあります。

 

ある日は、カフェや外出した際にコーヒーを飲んで過ごす時は、周りからいろんな刺激を受け、色々考えを思い巡らせ、受け取ることができます。カフェの雰囲気やコーヒーをそれぞれ楽しむ人の様子とか。一人で飲んでいても、誰かと一緒に飲んでいたとしても、自分の内側から感じられることを、客観的に物事を冷静に見つめることができる瞬間でもあります。

 

いずれにせよ、「コーヒーを一杯飲む」とか「本を読む」にしても、その場の雰囲気、環境によって、感じ方や楽しみ方も異なる視点で発見でき、充実させることができます。

 

 

物事の捉え方は、客観的でも主観的でも、一方に偏ってしまったら生きづらさが生じてしまうような気がします。時には、あっちに行ったりこっちに来たりで、気持ちをさまよって、色んな考えを思い巡らせた末に、自分にとって楽な考え方を探って見つけて納得した場所へ気持ちを着地させていくことができるような気がします。

 

あらゆる物事に対して適応できるために、どちらにせよ、“考えて得ていく時間”、気持ちを整えるという、自分の気持ちのコンディションを作る時間は必要だなあ、と常々感じているこの頃です。

 

【UCCゴールドスペシャルブレンド】が淹れ方ひとつでさらに美味しくなる方法

 
こんにちは、マコです。
 
今日は久しぶりに購入したコーヒーネタを。
最近、バリスタ粕谷哲さんのYouTubeを見るのに、ハマっていまして。
 
その中で、あ、試してみたい..!と思ったのが、
 
UCCゴールドスペシャルコーヒーの美味しい淹れ方。
 
ちゃんとパッケージを見てなかったからか、気づかなかったのですが、UCCゴールドスペシャルって、レギュラーコーヒーの中で、22年間連続売上トップだったようですね。
 
た、たしかに22年間ずっと売上トップを保持してるのって凄すぎる。
 
 
最近は、UCCのコーヒー自体、あまり飲んでなかったので、ここらで試しに美味しい淹れ方も試したくて、久しぶりに飲んでみました。
 
現在、「リッチブレンド」、「スペシャブレンド」など...数種類が販売されてます。
 
今回、「リッチブレンド」を購入しました。
粕谷さんの動画では、「スペシャブレンド」、「リッチブレンド」の2種類を試してました。

 

 

 
淹れ方を簡単に説明すると、
コーヒーを濃く抽出して、1:1の割合で、お湯で割って味を調整するだけ。
 

一杯の抽出方法

コーヒー粉 15gをお湯90mlで抽出する。
すると、抽出量が60gくらいになるので、1:1の割合だと、お湯を60〜70g程度で薄めて完成。
 
淹れ方は、詳しくは、粕谷哲さんの公式YouTubeをご覧ください。

 

 
飲んでみると、まず、口当たりがとてもまろやかで、飲みやすいという印象が一番に感じられました。
 
え、お湯で割って薄めて飲むだけで、こんなに味が変わるんだ!と。スタンダードなドリップ方法で抽出するよりも、お湯を調整して自分好みに美味しく飲みやすくできる、理にかなってる方法だと思いました。
 
どこのスーパーでも見かけるUCCゴールドスペシャブレンド
 
この機会に、ぜひお試しあれ。
 
 

 

3つの自家製シロップを活用して、ホットケーキを楽しむの巻。

 

こんにちは。
最近も猛烈に暑い日々が続きますが、皆さまお身体、どうぞご自愛くださいませ。
 
 
さて、最近おうちスイーツを楽しむなかで、“かける”にハマっております。
 
というのも、たまたま重なっただけなのですが、最近なんだかシロップやソースやらをよく作っていました。
 
 
ここでもご紹介した、
 
「コーヒーシロップ」
「梅シロップ」
をはじめ、最近旬だったブルーベリーを使って、「ブルーベリーソース」を作ってみたり。
 
これらを活用してもっと美味しく楽しみたい!なんて、思っている日々ですが、最近試してみて大満足したのは、“ホットケーキ”。
 
この3つのソースどれもが、ホットケーキに見事にコンプリートでき、幸せな気分に浸れました。

 

コーヒーシロップver.

 

梅シロップver.

 

ブルーベリーソースver.

 

 

バニラアイスにもかけて楽しみました。
アイスって、「何にでも合うからすごいよな~」なんてしみじみ感動したり。笑
 
そして、これまた、アイスコーヒーと合う合う...!んです。
 
 
そんな風に、これ食べてみたいと思ったものを素直に食べてみると、あぁ、やっぱり合ってた。みたいに、自分の意思とカチッとはまったように感じられる瞬間があります。
 

先日、とってもおいしい桃パフェを食べた感覚も同じでした。

 

 

 

見た瞬間、わ〜これ食べたい!ってなりまして。迷うことなく食べてみましたが...これが、一口また一口...と食べる度に、まるで、体に幸せが浸透していくような気持ちになったんです。

 

そんな風に、食べたいものは体に違和感なく、すんなりはいってくれます。スイーツも別腹というけど、まるで食べた?と思えるような感じです。逆に、今これを食べたい気分じゃないな〜、と思うモノをお腹を満たす為に食べてみても、さほど満足感は得られないものです。誰もが、今、これを食べる気分じゃないんだけどな〜と、食べる気さえ起きないときもありますよね。

 

そんなふうに、心にすんなり入ってくることは、違和感なく心地よくて気分が落ち込まないんですよね。逆に、今しんどい時や苦しくなることをこなそうとすると、気分が下がって、落ち込んでしまう。

 

出来事って、よく考えてみなくても、体が割とわかりやすく反応し、教えてくれています。嬉しいことや楽しいこと、充実感を得られたことは、自分にとって、プレゼントを貰えた時のような、幸せな気持ちになるものです。

 

 

改めて感じた、肌身で感じるということ。

 

物事に対して、ごく自然に、心のままに自分自身で察知して、感じ取っているんだな〜と、実感できたこの頃でした。

 

「旬」の食べ物も食べると、フレッシュさを感じられ、やはり体も活気が湧いてくるような気がします。

 

 

 

“楽しむ”もまだまだ楽しむ方法がたくさんありそうです。

 

では。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

【備忘録】当たり前ではない今に感謝して大切に生きる

こんにちは。いつも訪問いただき、有難く思います。いつもご覧いただき、誠にありがとうございます。@krs__note


 

さて、ちょっと、ここら辺で最近の備忘録を書きたいと思います。

 

最近、ただ生きてるだけじゃなくて、誰もが何かを考えて懸命に生きてるわけで。「私だって、その中の1人だよね」って、考えられることだけで、幸せな気持ちになれるなあ、と思ってきました。

 

当たり前のことを当たり前に感謝する。

 

当たり前だと思って書いてることも、実は誰かにとっても、私自身にとっても、ごく当たり前なことではないということ。当たり前だと思ってることを忘れかけて、見落としかける事があるのだから。当たり前のことがいつどうなるかもわからないことを改めて思い出し、懐に大切に入れ直しておく為に。今ここで書きながら習慣的に記録もさせてもらっています。

 

考えていることって、大抵、今の自分にとって大切な何かを思い出させようと何度も頭の中に過ってきてくれるものです。

 

「今が幸せで奇跡である瞬間」という、「今」を大切に、丁寧に暮らそう。

 

そう思っていると、なんだか一日一日がとても意味のある日々に思えるのです。

 

 

ときには、あまり考えすぎると余計に疲れちゃう時もあります。頭の中をいつもぎゅうぎゅう詰めにしないように。

 

心を閉じ込めたままで解放しないと、いつのまにか重たく淀んだ気持ちになりかけていることに気付かされます。

 

物事を心配したり、あれこれ想像して複雑に考えすぎるときには、「日常をどんな風に気分よく過ごしてる自分でいたいか?」を想像しながら過ごしていくように心がけています。

 

考えないように好きな事に触れて、感じて過ごすーー。それか、運動をしたり、自然に触れたり。

 

この時間もまさに、こんな自分でいたいよなあ、状態でいることを思い出させてくれます。私は、この時間が、自分の心に耳を傾けて、エネルギーチャージしてるように元気がみなぎってくる瞬間になります。

 

 

私の心の窓に、そよ風や澄んだ新鮮な空気のような、心地よい考えが入ってきて、常に循環できるように。余裕を持って考える、というスキマ時間を設けておく必要があるなあ、と感じています。それが、一種の瞑想時間みたいなものでして。「無理にあれこれこなそう」とか、「しなければならない」、そんな考えを少し片隅に置いておいて、ときには、「自分の世界に閉じこもる」ことも必要です。

 

目に見えるものを眺めて考えるのではなく、都合よく自分の心で感じたいものを思い描くといいんですよね。

 

 

どう思われようが、どう解釈しよが、私がそう思って前を向けるのなら、それが良い。さあ、どんな私だと気分が良く、心が軽やかで温かいのかーー。

 

物事に対して積極的に楽しくこなせるように想像を膨らませていく。そんなイメージを頭の中でいつも思い浮かべて過ごしていく生き方が、常に前向きでいられるコツなあ、なんて考えるこの頃です。