コーヒーと好きな暮らしの記録

韓国のこと、本、暮らしの記録を紹介します

ミルクブリュー(ミルク出しコーヒー)のアレンジレシピ

 

 

 

 
今日は、最近ハマっている『ミルクブリュー(ミルク出しコーヒー)』のアレンジしたレシピをご紹介してみようかと思います。
 
 
 
 
 

アーモンドミルクブリューwithトッピング有りの作り方

 
 

材料

 

・アーモンドミルクブリューコーヒー

(アーモンドミルクでコーヒーを一晩抽出したもの)作り方はミルクブリューレシピをご参考に。

 

 

mako-bookdiary.com

 

 

・豆乳ホイップクリーム 適量

・ガムシロップ 適量

・氷 適量

 

 

作り方

 

 

  1. グラスに氷を注ぐ。
  2. アーモンドミルクブリューコーヒーを注ぐ。
  3. ホイップクリーム、ガムシロップをお好みでトッピングして完成。
 



 

 

めちゃくちゃ美味しくてリピート決定です。

あえてアーモンドミルクにしたほうが甘さが引き立って濃厚で美味しいかもしれないな〜と思いました。

 

 

 

 

韓国で話題の”ダルゴナ”(カルメ焼き)でほろ苦甘いコーヒードリンクを作りました

韓国で話題のダルゴナ(カルメ焼き)でほろ苦甘いコーヒードリンクを作りました

 
 
 
 

最近、コーヒーアレンジにハマっておりまして。

 

インスタで色んなコーヒーアレンジレシピを探っていたところ、めちゃくちゃ美味そうなドリンクを見つけまして……

 

 

それが、「ダルゴナラテ」!!

 

 

 

めちゃくちゃ美味しそう……

 

 

上に乗ってるのはなんだ!?

とよく調べてみたところ、”ダルゴナ”と書いてありました。

 

 

お、これ聞いたことあるぞ……

 

 

1年前ほどに韓国で「ダルゴナコーヒー」が流行りましたが、”ダルゴナ”の意味を理解していませんでした……

 

 

ダルゴナ=カルメ焼き

 

 

だったようです。

 

 

そ、そういう意味だったのか!

と理解しまして……

 

 

 

最近話題になった韓国ドラマ『イカゲーム』で『カルメ焼き』が登場し、またまた”ダルゴナ(カルメ焼き”)が再燃したようです。

 

 

 

 

日本でもありますよね。

 

 

カルメ焼きの作り方




「材料」

・砂糖 50g

・水 大さじ1

重曹 少量 (おそらく1〜2gくらい)

 

 

「作り方」

 

 

  1. 砂糖と水を鍋で軽く茶色づくまで煮詰める。
  2. すぐに重曹を加えて混ぜる。
  3. すぐにトレーかクッキングシートにのせ、均等に伸ばし、粗熱を取る。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

完成!!

 

なんだかレトロな感じでいい……!

美味しそう。

 

 

 

 

さっそくコーヒーにアレンジして飲みました。

 

 

 

 
 

ダルゴナラテの作り方


 

「材料」































 

・スチームミルク100ml

・抽出したコーヒー 80ml

メープルシロップ 適量

・ホイップした生クリーム 適量

・カルメ焼き (適当に砕いたもの)

 

 

「作り方」

 

  1. グラスにメープルシロップを入れる。
  2. スチームしたミルクを注ぐ。
  3. 抽出したコーヒーをそっと注ぐ。
  4. 生クリームをお好みでトッピング。
  5. 適量に崩したカルメ焼きを乗せて完成。
 
 

f:id:kikiest2018:20211109212757j:plain

めちゃくちゃ美味しく頂きました。
生クリームとカルメ焼きが合う!
牛乳も加わって優しい味なのにコーヒーもしっかり味も引き立ってほろ苦い甘さでした◎
 
 
 

 

 

忙しいときでも冷蔵庫に仕込んで手軽に楽しめる!ミルクブリューコーヒー(ミルク出し)

 

 
 
こんにちは、makoです。

 

 
 
最近コーヒーアレンジして飲むのにハマり、色んなコーヒーのことを調べていると出てきて気になっていた「ミルクブリューコーヒー(ミルク出しコーヒー)」を作ってみました。
 
 
 
 
暑い夏に飲みたかったなーと思いましたが、
いつでも手軽に飲めそうなので作りました!
 
 

ミルクブリューとは?

 

 

よく見かけていた水でコーヒーを抽出する方法の水出しコーヒー。

ではなく、牛乳でコーヒーを抽出する方法がミルクブリューコーヒー。

 

 

ということで、さっそく作ってみました!

 

 

ミルクブリューコーヒーの作り方

 

 

用意したもの

 

・コーヒー粉 30g

・牛乳500ml

・水出し用コーヒーフィルター

 

 

まず、購入したのはこちら。

 

 

KALDI (カルディー)水出しコーヒー用フィルター

 

 

 

初めてなので慎重に安心感のある専用のものをチョイス。(笑)

 

 

こんな感じ。

 

 

さっそく粉を挽いて入れてみました。

 

……が、思ったより入れにくい作りになっていて、手こずってしまいました……。

 

よくお茶だしティーバックで作っている方を見ていましたが、専用のが安心かも!と思い購入しましたが、ティーバックのほうが入れやすいかもしれません。

 

でもでも!

最後に端をピッとしっかり引っ張るだけで抜群の漏れ防止効果を感じました!

 

さすが、専用フィルターで機能としてはバッチリ。フィルターの素材も確かに網目もほんとに細かく、モレる心配もないですね。

 

 

さすが、カルディーさん。そして、水出しコーヒー専用フィルターに設計されてるなあ〜と思っちゃいました。
 
 
サイズも専用に作られてるのか、余裕があり、安心。
 
 
 
 
さっそく牛乳のなかにどぼん。
水出しコーヒー用の専用ボトルもありますが、わざわざ購入するのもアレかと思い、コーヒーピッチャーで代用しました。
 
 
少し気持ち沈めて……
 
 
 
 
ラップをして、冷蔵庫で1晩(8〜10時間くらい)置いておきます。
 
 
 

翌朝

 
 
 
どんな感じがみてみると……
 
 
 
おお、いい感じ!!
 
ちゃんと抽出されてる感じがします。
 
 
 
 
 
 
全体をよく混ぜて注いで飲んでみました!
 
 
 
 

飲んでみた感想

 
 
正直……めちゃくちゃ美味しかったです。
期待以上の美味しさでびっくりしました。
濃厚なのに爽やかな味わいでごくごく飲めちゃいました。
 
 
 
「喉ごしコーヒー」と名付けたいくらいです!
 
 

 

アイスコーヒーとは違う、濃厚な味わいを引き立てるミルクブリューは、なんだかより贅沢な至福のコーヒー時間になります。

 

これは、しばらく毎朝のリピになりそうです。

 

 

 

 


ハニーカフェコンレーチェがすごくおいしい。レシピ

最近ハニーカフェコンレーチェにハマっています。

 

 

 

 

簡単にいうと、はちみつ入りのカフェオレ。

 


スペインではコーヒーにはちみつを入れたり、はちみつを舐めながらコーヒーを飲んだりすることからつくられたスペイン風のはちみつ入りカフェ・オ・レです。

レーチェとは、スペイン語で牛乳のことのようです。

 

 

ハニーカフェコンレーチェの作り方


 

「材料」

 

・抽出したコーヒー100ml

・スチームしたミルク 100ml

・はちみつ 適量 お好みで

 

  

「作り方」

 

 

  1. グラスにお好みではちみつを注ぐ。
  2. スチームしたミルクを注ぐ。
  3. 抽出したコーヒーを泡を潰さないように注ぐ。
  4. 均等になるように混ぜて完成。

 

 

 

 

 

 

これがすごくおいしい。

 

 

 

 

✔ポイント


 

スチームして泡立てたミルクと飲むのがすごくマイルドで優しい味になります。

個人的にはちみつはあまり多く入れない方が甘すぎずしつこくない後味も優しく美味しくいただけました。

 

牛乳多めでもめちゃくちゃ美味しいと思います。

 

しばらくハマりそうです。








【最大55%off クーポン2枚&まとめ買い】 国産純粋はちみつ 1000g 1kg 日本製 はちみつ ハチミツ ハニー HONEY 蜂蜜 瓶詰 国産蜂蜜 国産ハチミツ 送料無料 非加熱

ハリオのV60コーヒードリップケトルヴォーノの800mlサイズをずっと一筋で愛用中です


ハリオのV60コーヒードリップ電気ケトル「ヴォーノ」の800mlサイズをずっと一筋で愛用中


 

 

 

 

以前カフェで働いていた時代に使っていたハリオのV60コーヒードリップケトル「ヴォーノ」を使っていまして。

 

 

個人的にデザインがナミナミになってるのがあまり好きではなく、シュッとスマートなシンプルタイプと迷いましたが、使いやすかった間違いないほうを最近自宅用にも購入しました。使いやすかったので最近自宅用にも購入しました。


HARIO V60ドリップケトル・フィット ヘアラインシルバー VKF-120-HSV

 

 

 

これまでは自宅で細口ではない普通の電気ケトルを使っていましたが、お湯がドバドバでて軽いストレスになっていました。

 

 

最近のコーヒー熱に便乗せずにいられず、ついに購入しました!

 

 

温度調節付きタイプと迷いましたが、まだまだ子育て中のゆとりと時間を考慮したのと、おそらく沸騰させてちょっと待ったらコーヒーを淹れるのに最適な90℃になるなーと思い、沸騰させるだけの方にしました。

 

 

 

 

 

 

 

細口なうえに、この注ぎ口がなんとも注ぎやすいのです。

 

 

f:id:kikiest2018:20211104144156j:plain

 

傾けても蓋は落ちる感じもまったくなくて。持ちやすい手にフィットするデザインが◎

 

f:id:kikiest2018:20211104144258j:plain

 

 

なのに蓋がすんなり取れて閉まりもいい。なんとも言えない負担ないストレスフリーな使い心地ちの良さ。

 

 

 

 

電気ケトルのハリオのV60コーヒードリップケトル「ヴォーノ」の800mlサイズの良い点とちょっと残念な点


 

 

 良い点

 

  • 軽い
  • 細く注ぎやすい
  • 蓋の作りが素晴らしい
  • お手頃価格なのに超優良な機能が揃っている
  • 空焚き防止機能付き

 ちょっと残念な点

 

  • 沸騰時間が少し長い
MAXまでお湯を入れたときに大体5分くらいは沸騰までにかかったかなあと思います。
合間には問題ないですが、時間にゆとりを持って使いたいなあと思いました。
 
  • 安全性強調のためか、シールが多く、しっかり貼ってあり取れないのが難点
 
 
 
まだケトルも優良なのがあるかもしれませんが、このケトルが気に入りすぎて浮気したくなりません。
 
コーヒー好きさんの中でもかなりよく見ますし、みなさん気に入ってるのかな〜なんて思ってしまいます。
 
シンプルで王道なハリオのV6ドリップ電気ケトル「ヴォーノ」をぜひ試してみてください〜
 
 
 
 
 
 

 

自己流なコーヒーの楽しみ方。どんどんコーヒーの時間が楽しくなってきた。

 

 

最近またコーヒー熱が高まってきています。

 

子育てで余裕もなくなりただ飲むだけになっていたコーヒーの時間。

何事も余裕を作る心がけがないと楽しみを見つけることもできないなあなんて思います。

 

まずは、コーヒーは楽しむことが大切だと思っています。

 

なので、今日は現在のちょこっと個人的なコーヒーの楽しみ方を話して見ようかなと思います。

 

 

コーヒーを飲むのが好き

 f:id:kikiest2018:20211102131034j:plain

まず、コーヒーを飲むのが習慣になっているとういことがある意味自分にとっての至福の時間。

 

朝一日の始まりに、忙しい合間に、ちょっと一息ついて呼吸を整えてまたやる気になるためのエナジーを充電したり。自然とリラックスできたりするのです。

 

そんなふうに「朝のいちばんのコンディション、気分」という心の状態に素直に合わせ、直感に従うように、コーヒーの温度、味も変えていくことで、カチッと合わさったように、自然と心も満たされてやる気が満ち溢れてきたりするものです。同時に目覚める助けになってくれ、やる気スイッチが入ってくれたりします。

 

 

飲む時によって印象が変わるのを楽しむ

 f:id:kikiest2018:20211102131128j:plain

 

週末のコーヒー


 

子どたちと過ごす中で、ちょっとした息抜きに飲むコーヒーが格別においしい。張り詰めている緊張感と、一緒にはしゃいで遊んで疲れた体を労れる、肩の抜ける時間がとてもご褒美タイムだったりします。

 

外出先で飲むコーヒー


 

基本的におうちでコーヒーを淹れて飲むのが好きなのですが、やっぱり外で景色を楽しんで飲むのも

雰囲気が違って心が元気になり時があります。

 

コーヒーを楽しむ概念を持たずに楽しむ

 

f:id:kikiest2018:20211102131200j:plain

年中通して、普段はホットのみだったのですが、最近はアイスも飲むようになりました。以前だと、「ホットが美味しい」という感じだったのですが、今年の夏をきっかけに、アイスも暑い日に飲みたくなるように、「気分によって飲みたいときってあるよな」と思うようになりまして。




その時の気分で飲む選択をするようになりました。最近、コーヒーの「飲みかた」、幅が広がった感じがしてなんだか嬉しいのです。

 

「今日の朝はエスプレッソ牛乳割りにしたいな」とか「ホットのブラックでキリッと飲みたいな」とか。色々アレンジして飲むのが楽しくなってきました。


もちろん、毎朝コーヒーという気分じゃないときもあります。「今日は紅茶にしたいな」とか「なんだかオレンジジュース飲みたいな」とか。大体そこら辺をウロチョロして吟味します。

 

 

以前だと、意地でも「コーヒー飲んでやろう!」みたいな意地がでたりするときもありました。
いわゆるカフェイン中毒みたいなのがあって、
「コーヒーが癒してくれるもの」だと思い込んだり。

 

 

けれど、それは人生と同じように「カタチ」に捕らわれてるのと同じで、その時の気分に合わせて、素直に気持ちよく喉を通してあげられるモノを飲んだらいいんだということに気づきました。

それでこそ、充実した時間を過ごせているような至福のときが倍増してくれたりします。分かったことは、私にとって必要だったのは、「ティータイム」だったということです。

 

 

その時間を通して、日頃の懸念、苦労から自分を緩め、肩の荷を下ろしてあげられるような、「もう一度自分の心の真ん中に戻り、自分の気が落ち着き元気がでるような」時間を作りたかっただけなんだと思うのです。




そんなふうに、気のせいにしないで心のサインに従って行動してみると、「やっぱりそうだったんだ」と、自分の心地良さが分かってきたり、自分の気持ちを素直に受け止める大切さに気づいてきました。その小さな一歩の積み重ねを行い続けることで、やがて変化が大きくなっていくことを実感しています。


すると、ゆっくりジワジワといつしか自分らしい整え方が染みついてきて、環境も心地いいモノ、暮らしに取り組む姿勢が、ますます「幸せを噛み締められるとき」としてやってくるのではないかと思っているところです。

 

 

ハンドドリップで自分で淹れて飲むコーヒー

 f:id:kikiest2018:20211102131322j:plain

 

 

これが最近とても楽しいのです。

そして簡単な道具だけで気軽に美味しいコーヒーを楽しめるのも魅力。

しかも、自宅で飲んだ方が安いのも嬉しくなりますよね。

 

道具はまだまだ揃ってないですが、いま持っているのは以下の道具。

 

ドリッパー

 

コーヒをハンドドリップして淹れるのに必要な道具です。

 

いろんな種類が豊富で、クチコミも参考にして違うのも購入して使っていきたいと思っていますが、使いやすさも好みになりそうです。

 

いま使ってるのはこちら。

 

 

色んな素材があるので、使いながら考慮していきたいと思います。

 

 

100均などで手軽に購入して気軽に飲むために楽しめたりしますが、そこそこしっかりした素材やこだわりのあるものを使うとやっぱり美味しく飲めるように感じます。素材やドリップする時に必要なフィルターによっても一つ一つの違いで味が変化するのも楽しんでいきたいと思っています。

 

ポット

 

コーヒー用のポットがあります。

先端が細くなっていて淹れるお湯の量を微調整することができる仕組みになっています。

電気ケトルで使っていたこともありますが、やっぱりうまく注げなくてお湯の量が調節しにくく難しかったです。コーヒーは抽出時間で味が変化します。ここが面白い。

注いだお湯の量や速度によります。

 

美味しさにこだわって飲みたいのならやはり専用のポットが必要です。

 

 

おすすめのポットはこちら。

 

 

 

 

 

電気ケトル用もあるので、手軽に楽しめちゃいます。

 

カフェ時代から使っていてしっくりくるしとても注ぎやすいような気がします。

 

わたしは、性格上待てないので、ササッと湧いてくれるこちらの電気ケトルを購入してます(笑)

 

 

 

 

 

コーヒーミル

 

コーヒー豆を挽いて粉にする器具です。

粉で保存しているよりも新鮮なコーヒーを飲むために豆から粉砕し、ドリップして飲むのがやはり美味しいです。

やっぱり新鮮な豆から飲むと香りはもちろん味も違ってきます。

 

粉の引き加減も調節できます。

粉の細さによって抽出時間も変わるので味も変わってきます。

 

これは旦那がドイツで購入してかってきてくれたものを使っています。

 

 f:id:kikiest2018:20211102131521j:plain

 

レトロでインテリア映えしてお気に入りです。

 

 

手動なので腕が疲れたり忙しいときにはけっこう大変な時もあります。

 

なので、手軽に楽しみたい時は手動ミルを購入しようと思っています。

 

 

検討中はこちらの品。

 

 

 

 

 

 

自分で淹れるコーヒーがより一層美味しく感じられる

 

 

まず、淹れる作業から出来上がるまでの過程が楽しかったりします。

その時間が自分と向き合えるゆとりのもてる余白の時間になります。

また、コーヒーを集中して楽しむ時間が人生の些細な楽しみにもなっています。

 

毎日淹れる味の違い、コーヒーの香ばしい香りを楽しむ

 

・コーヒー豆を開封したときに香る匂い。

・粉に粉砕してふわっと香る匂い。

・ドリップしてお湯を注いでるときに漂う匂い。

 

3回も楽しめる豆から香る匂いがたまらなく好きです。

 

コーヒー豆を飲み比べて楽しむ

 f:id:kikiest2018:20211102131650j:plain

 

これは最近から始めました。

今までは安定した場所からコーヒー豆を購入し、楽しんでましたが、人生と同じようにせっかくならいろんなことに触れ合っていきたいと思い、コーヒーの冒険を始めました。

 

今は通販で身近で手に届かないものも買えます。

次はどこのコーヒー豆を買ってみようかなと調べること、実際に飲んでみて自分だけの味覚でお気に入りの味を見つけるのも楽しくてたまらないです。

 

一応カフェクリエイターの資格やカフェでコーヒーの基本的なところは勉強したりしある程度心得ていますが、まだまだ知識は浅いので産地、焙煎度、深煎りか浅煎り、焙煎法などもこれから知識に入れて自分でもこだわってこれからも楽しんでいきたいなあと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーボトルコーヒーの人気の豆のセットを購入してみました(飲み比べレポ)

 

 

人気のブルーボトルコーヒーを飲んでみました。

 

 

ブルーボトルコーヒーとは

 

 

ブルーボトルコーヒーとは2002年アメリカにあるお店が発祥。

創業者のジェームス・フリーマン氏がコーヒーを愛か自宅の裏のガレージで焙煎し、販売を始めてから15年、今では世界各国で人気のコーヒーチェーンになっています。

現在、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、東京、大阪、京都、神戸に店舗を展開しているようです。

 

 

 

ブレンドコーヒ豆飲み比べセットを購入してみました

 

 

さっそく人気のあるコーヒー豆ということで購入してみました。

 

 

 

 

ネコポスでコンパクトに届きました。

 

写真のまんま!

 

 

かわいい……オシャレ。

 

 
 

パンフレットも同封されていました。

コーヒーの美味しい淹れ方やコーヒー豆によっての飲み方のおすすめレシピが書いてあってとても参考になりました。

 

 

 

 

 

ブレンド豆の味は3種類。

 

 

 
 

ベラ・ノドヴァンエチオピアグアテマラ、他)


ジャイアント・ステップス
ウガンダグアテマラ


スリー・アフリカズ
エチオピアウガンダ

 

 

 

 

まずは、

 

ベラ・ノドヴァン


 

ブルーボトルコーヒーの中で、いちばんスタンダードな人気のある豆のようです。

 

 
 

飲んだ瞬間酸味が広がるフルーティーな味。

酸味が好きな人には飲みやすく後味がほんのり甘い。

 

酸味が苦手な人にはおすすめできないかもしれません。

 

 

 

次は、

 

ジャイアント・ステップス


 

深みのある焙煎。

香りもコクがあるように感じました。

 

 

ミルクやクリームと合いそうだったのでウィンナーコーヒーにして楽しみました。

 

 
 

その前に少しそのままの味をティスティング。

 

酸味と苦味のバランスもよく、最初は苦味がきましたが、後味はスッキリ爽やか。個人的に3つの中でいちばん飲みやすく美味しく感じました。

 
 
そして、最後に
 
 

スリー・アフリカズ


香ばしいコクのあるチョコレートのような香りもありつつ複雑な風味が何ともたまらない香りでした。
 

[rakuten:bluebottlecoffee:10000007:detail]

 
ミルクやクリームとの相性がいいと記載してあったのでアイスクリームカフェオレにして楽しみました。
 
 
こちらもそのままの味をティスティング。
けっこう酸味が強く感じました。
 
ベリーのような酸っぱさと爽やかなシトラス?ミント?のような香りが混ざったようなスッキリとした後味でした。

 

 

 

カフェで飲むような味でとてもおいしく満足できる味でした。


価格も含めてトータル的にみるのなら、味のインパクトには欠けますが、スタバのようにいつもコーヒーのように無難に飲みたくなるなぁと思いました。


手土産にいただけるのならとても喜ばれそうな品です◎