コーヒーと暮らしを愉しむ

コーヒーのある暮らし。コーヒー器具、コーヒー豆、ドリップ、コーヒーアレンジレシピなど。増えてく暮らしを愉しむモノ、瞬間の物語。

日々を自分なりによくこなすための記録

 

一日の気分を自分で整えようとしている事にある日、ふと改めて気付くときがあります。

 

一人で庭のベンチに座り、時折吹く涼しい風を感じながら、心地よく、ただ本を読み進める。とか、「子供たちを送り届けた後に一人でドリップして飲む朝一番のコーヒー」とかーー。

その時に、家で自分しか居ない自分だけのお気に入りの空間に浸り、自分自身を見つめる時間が過ごせています。もちろん、私が内向的で一人時間をこよなく愛して日々のために充電する必要がある性質なのもあると思います。一人で充実した時間を過ごすことは、焦らず着実に丁寧に日々を感じながら自分らしく生きてこう、と改めて、自分に深く落とし込める瞬間でもあります。

 

本を読んでいても、読み進めるか読み進めないかはその時の自分のタイミングで決めるように。数ページ読んだだけなのに、十分何かを得たような気分になって、「今日はここまでにしよう」と、満足できて気持ちよく締めくくることができたり。

 

「今日は、なんだか気が乗らないな〜」と、頭の中がごちゃごちゃしてまとまらず、読むのをやめて、「あ、音楽でも聴こう」「あのドラマ見たくなった」とか、「ただ、なにも考えずに寝よう」とか…重苦しい気持ちを、自主的に行動し、“気”を切り替えて気の向くままに調整して頭を整理してみると、悩んでいた事に気づかされる時もあります。

 

ある日は、カフェや外出した際にコーヒーを飲んで過ごす時は、周りからいろんな刺激を受け、色々考えを思い巡らせ、受け取ることができます。カフェの雰囲気やコーヒーをそれぞれ楽しむ人の様子とか。一人で飲んでいても、誰かと一緒に飲んでいたとしても、自分の内側から感じられることを、客観的に物事を冷静に見つめることができる瞬間でもあります。

 

いずれにせよ、「コーヒーを一杯飲む」とか「本を読む」にしても、その場の雰囲気、環境によって、感じ方や楽しみ方も異なる視点で発見でき、充実させることができます。

 

 

物事の捉え方は、客観的でも主観的でも、一方に偏ってしまったら生きづらさが生じてしまうような気がします。時には、あっちに行ったりこっちに来たりで、気持ちをさまよって、色んな考えを思い巡らせた末に、自分にとって楽な考え方を探って見つけて納得した場所へ気持ちを着地させていくことができるような気がします。

 

あらゆる物事に対して適応できるために、どちらにせよ、“考えて得ていく時間”、気持ちを整えるという、自分の気持ちのコンディションを作る時間は必要だなあ、と常々感じているこの頃です。

 

【UCCゴールドスペシャルブレンド】が淹れ方ひとつでさらに美味しくなる方法

 
こんにちは、マコです。
 
今日は久しぶりに購入したコーヒーネタを。
最近、バリスタ粕谷哲さんのYouTubeを見るのに、ハマっていまして。
 
その中で、あ、試してみたい..!と思ったのが、
 
UCCゴールドスペシャルコーヒーの美味しい淹れ方。
 
ちゃんとパッケージを見てなかったからか、気づかなかったのですが、UCCゴールドスペシャルって、レギュラーコーヒーの中で、22年間連続売上トップだったようですね。
 
た、たしかに22年間ずっと売上トップを保持してるのって凄すぎる。
 
 
最近は、UCCのコーヒー自体、あまり飲んでなかったので、ここらで試しに美味しい淹れ方も試したくて、久しぶりに飲んでみました。
 
現在、「リッチブレンド」、「スペシャブレンド」など...数種類が販売されてます。
 
今回、「リッチブレンド」を購入しました。
粕谷さんの動画では、「スペシャブレンド」、「リッチブレンド」の2種類を試してました。

 

 

 
淹れ方を簡単に説明すると、
コーヒーを濃く抽出して、1:1の割合で、お湯で割って味を調整するだけ。
 

一杯の抽出方法

コーヒー粉 15gをお湯90mlで抽出する。
すると、抽出量が60gくらいになるので、1:1の割合だと、お湯を60〜70g程度で薄めて完成。
 
淹れ方は、詳しくは、粕谷哲さんの公式YouTubeをご覧ください。

 

 
飲んでみると、まず、口当たりがとてもまろやかで、飲みやすいという印象が一番に感じられました。
 
え、お湯で割って薄めて飲むだけで、こんなに味が変わるんだ!と。スタンダードなドリップ方法で抽出するよりも、お湯を調整して自分好みに美味しく飲みやすくできる、理にかなってる方法だと思いました。
 
どこのスーパーでも見かけるUCCゴールドスペシャブレンド
 
この機会に、ぜひお試しあれ。
 
 

 

3つの自家製シロップを活用して、ホットケーキを楽しむの巻。

 

こんにちは。
最近も猛烈に暑い日々が続きますが、皆さまお身体、どうぞご自愛くださいませ。
 
 
さて、最近おうちスイーツを楽しむなかで、“かける”にハマっております。
 
というのも、たまたま重なっただけなのですが、最近なんだかシロップやソースやらをよく作っていました。
 
 
ここでもご紹介した、
 
「コーヒーシロップ」
「梅シロップ」
をはじめ、最近旬だったブルーベリーを使って、「ブルーベリーソース」を作ってみたり。
 
これらを活用してもっと美味しく楽しみたい!なんて、思っている日々ですが、最近試してみて大満足したのは、“ホットケーキ”。
 
この3つのソースどれもが、ホットケーキに見事にコンプリートでき、幸せな気分に浸れました。

 

コーヒーシロップver.

 

梅シロップver.

 

ブルーベリーソースver.

 

 

バニラアイスにもかけて楽しみました。
アイスって、「何にでも合うからすごいよな~」なんてしみじみ感動したり。笑
 
そして、これまた、アイスコーヒーと合う合う...!んです。
 
 
そんな風に、これ食べてみたいと思ったものを素直に食べてみると、あぁ、やっぱり合ってた。みたいに、自分の意思とカチッとはまったように感じられる瞬間があります。
 

先日、とってもおいしい桃パフェを食べた感覚も同じでした。

 

 

 

見た瞬間、わ〜これ食べたい!ってなりまして。迷うことなく食べてみましたが...これが、一口また一口...と食べる度に、まるで、体に幸せが浸透していくような気持ちになったんです。

 

そんな風に、食べたいものは体に違和感なく、すんなりはいってくれます。スイーツも別腹というけど、まるで食べた?と思えるような感じです。逆に、今これを食べたい気分じゃないな〜、と思うモノをお腹を満たす為に食べてみても、さほど満足感は得られないものです。誰もが、今、これを食べる気分じゃないんだけどな〜と、食べる気さえ起きないときもありますよね。

 

そんなふうに、心にすんなり入ってくることは、違和感なく心地よくて気分が落ち込まないんですよね。逆に、今しんどい時や苦しくなることをこなそうとすると、気分が下がって、落ち込んでしまう。

 

出来事って、よく考えてみなくても、体が割とわかりやすく反応し、教えてくれています。嬉しいことや楽しいこと、充実感を得られたことは、自分にとって、プレゼントを貰えた時のような、幸せな気持ちになるものです。

 

 

改めて感じた、肌身で感じるということ。

 

物事に対して、ごく自然に、心のままに自分自身で察知して、感じ取っているんだな〜と、実感できたこの頃でした。

 

「旬」の食べ物も食べると、フレッシュさを感じられ、やはり体も活気が湧いてくるような気がします。

 

 

 

“楽しむ”もまだまだ楽しむ方法がたくさんありそうです。

 

では。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

【備忘録】当たり前ではない今に感謝して大切に生きる

こんにちは。いつも訪問いただき、有難く思います。いつもご覧いただき、誠にありがとうございます。@krs__note


 

さて、ちょっと、ここら辺で最近の備忘録を書きたいと思います。

 

最近、ただ生きてるだけじゃなくて、誰もが何かを考えて懸命に生きてるわけで。「私だって、その中の1人だよね」って、考えられることだけで、幸せな気持ちになれるなあ、と思ってきました。

 

当たり前のことを当たり前に感謝する。

 

当たり前だと思って書いてることも、実は誰かにとっても、私自身にとっても、ごく当たり前なことではないということ。当たり前だと思ってることを忘れかけて、見落としかける事があるのだから。当たり前のことがいつどうなるかもわからないことを改めて思い出し、懐に大切に入れ直しておく為に。今ここで書きながら習慣的に記録もさせてもらっています。

 

考えていることって、大抵、今の自分にとって大切な何かを思い出させようと何度も頭の中に過ってきてくれるものです。

 

「今が幸せで奇跡である瞬間」という、「今」を大切に、丁寧に暮らそう。

 

そう思っていると、なんだか一日一日がとても意味のある日々に思えるのです。

 

 

ときには、あまり考えすぎると余計に疲れちゃう時もあります。頭の中をいつもぎゅうぎゅう詰めにしないように。

 

心を閉じ込めたままで解放しないと、いつのまにか重たく淀んだ気持ちになりかけていることに気付かされます。

 

物事を心配したり、あれこれ想像して複雑に考えすぎるときには、「日常をどんな風に気分よく過ごしてる自分でいたいか?」を想像しながら過ごしていくように心がけています。

 

考えないように好きな事に触れて、感じて過ごすーー。それか、運動をしたり、自然に触れたり。

 

この時間もまさに、こんな自分でいたいよなあ、状態でいることを思い出させてくれます。私は、この時間が、自分の心に耳を傾けて、エネルギーチャージしてるように元気がみなぎってくる瞬間になります。

 

 

私の心の窓に、そよ風や澄んだ新鮮な空気のような、心地よい考えが入ってきて、常に循環できるように。余裕を持って考える、というスキマ時間を設けておく必要があるなあ、と感じています。それが、一種の瞑想時間みたいなものでして。「無理にあれこれこなそう」とか、「しなければならない」、そんな考えを少し片隅に置いておいて、ときには、「自分の世界に閉じこもる」ことも必要です。

 

目に見えるものを眺めて考えるのではなく、都合よく自分の心で感じたいものを思い描くといいんですよね。

 

 

どう思われようが、どう解釈しよが、私がそう思って前を向けるのなら、それが良い。さあ、どんな私だと気分が良く、心が軽やかで温かいのかーー。

 

物事に対して積極的に楽しくこなせるように想像を膨らませていく。そんなイメージを頭の中でいつも思い浮かべて過ごしていく生き方が、常に前向きでいられるコツなあ、なんて考えるこの頃です。

 

自家製コーヒーシロップで、「夏のコーヒースイーツ」を楽しむの巻。

 

 
 
なんだか暑い夏に、ほろ苦く甘すぎないコーヒー味のスイーツが食べたいなあ、なんて気がしてきまして。
 
何がいいかな?と思い巡らせてみると、コーヒーシロップを活用したら、いつものおやつが更に楽しめるんじゃないか、と。
 
思い立ったら、さっそく作ります。
 

コーヒーシロップの作り方

材料

・コーヒー粉 50g

・砂糖 100g

・抽出用 水 300ml程度

・冷やす用の氷水 

作り方

 
1.鍋にお好みの砂糖を加えておく。
2.ドリップしたコーヒーを1.に加え、沸騰しない程度の火加減で10分〜15分程度煮詰めたら、氷水で冷やして粗熱を取り、完成。

 

冷蔵庫で時間をかけて冷やすと、濁りが出てしまうようなので、氷水に容器ごと浸けて急速に冷やしました。

 

出来上がった、とろみがかったコーヒーシロップがたまりませんよ。
 
 
さあ、さっそく食べてみます。
 
まず、思いついたのが、
 

わらび餅withコーヒーシロップがけ

夏の風物詩「わらびもち」。
 

 

子どもたちが好きなので買っておいたわらび餅。
コーヒーシロップをかけて食べてみたら美味しいはず。と、食べてみたら、まあ...美味しい。ほろ苦い甘さが加わった、わらび餅×コーヒーシロップのコンビは、大人のおやつ時間にぴったりです。
 
 
 

かき氷

これまた、子どもたちの大好物、「かき氷」を便乗して、食べてみたくなりました。

 

 

いつも子どもたちのおやつを考慮しつつ、自分も食べたい時に食べられるおやつを選ぶことも多々あります。今回の夏のおやつは、子どもたちのおやつを活用して大正解でした。
 
 
これは、氷にコーヒーシロップをかけるだけですが、シンプルにたまらなく、美味しいです。
 
 
 

冷房もつけずに食べるかき氷は、冷たさが体にじ〜んわり、染み渡っていく感じがよくわかります。あ〜生きてるなあ。幸せが込み上げてくるような瞬間でした。

 

ミルクコーヒー

 

わ、これミルメークだ!

 

 

めちゃくちゃ給食の時に好きだったんですよねえ。時々、今でも、ミルメークを買って飲むこともあります。

 

 

 

自家製コーヒーシロップで、簡単におうちでミルメーク頂けちゃうじゃん。と嬉しくなりました。

 

 

 

 

コーヒーとの組み合わせって、無限にありそう。
これ、どうかな?で、試してみると、オリジナルコーヒーレシピが出来上がりそうです。
 
 
では!
 
 

“今日を生きるためにこなした”と振り返るだけでいい

さて、ここらへんで最近の備忘録を書いておこうと思います。

一年前くらいから、ちょこちょこnoteでも書いております。有難いことに、たまに文章に対して反応を下さる方もいらっしゃって。非常に楽しく書いております。

note.com

 

忙しく1日の予定を詰めると、心も忙しなくなります。忙しさに追われてる気持ちになるよりも、ひとつずつこなすごとに○をつけていくようにすると、いつも気持ちが緩みを保ちつつ、過ごすことができます。悩むことって、本当に自由だと思います。

 

悩むということは、いろんな考えがよぎる訳です。考えたことも、考えたいことに考えを膨らませていく。この先のぼやけた進路方向も、行く手が決まれば、予定も立てやすくなるように、自然と前向きの方向に考えが進んでいきます。もちろん、予定変更も可能です。自分の考え方次第で、「自分の生き方計画表」を作っていきます。喜怒哀楽も、自分が作っています。恥ずかしいと思うことも、別に恥ずかしいことではないよな、と思うと楽になります。これでいいのか?と躊躇してたことも、思いたいように思うと、別にそんなことまで考えなくてもいっか!と、なんてことない気持ちになります。

 

自然にこなせることって、自然に嬉しいこと発見できます。無理してこなしてることって、大抵のことは上手くいかないし、どんよりした気持ちのままでいることになります。これでいいのか?と頭に過ったことは、気持ちの改善が必要です。時には、悩みまくります。悩んで悩んで、追い込むモードに突入していくと、どんどん余裕がなくなり、考えもまとまらない、全ての考えが負のループに回りやすくなってきます。悩み抜いたあとって、頭から湯気がでるように、我慢の限界ギリギリまでに差し掛かると、「あ〜いい加減この状態から楽になりたい」という願望が出てきます。「あ、モヤモヤの原因ってコレだったんだよなあ」と、心底気付かされることもあります。認めたくなかったことを認める瞬間でもあったりします。時には、迷う時は、迷い迷った挙句の果てまで悩み抜くことも必要なときもあります。納得いくまで試してみることも、自分なりの悩みが晴れる解釈に繋がりやすい時もあります。いずれにせよ、「結局、それでいいや。そういう事にしたかったんだな」に、心収まる時がやってくるものです。

 

まず、最近は、何をしても、しなくても、「今日を生きるためにこなした」ってこと自体に「まず、よし」と思えるようになりました。幸せだと思える瞬間が増えることって、「小さな事によし」が、言える瞬間を見つけられたかどうかだと思います。

 

何もこだわりを決めつけず、何でもありだと思うようになったことで軽やかに生きられる。ただそう感じたんだ、ってことにして。認めていけたら、心構えも起きる事に対して対処できやすくなってきました。軽やかに生きることって、こういうことなんだろうなあ〜なんて、思いながら。

とある日のコーヒーライフ備忘録

写真や文章から、好きなものを載せて楽しむ場所になってる気がします。有難いことに、ブログで書いていることを読んでくださる方もいて。やり甲斐にもなり、楽しみにもなり、癒しでもあり...相乗効果が重なっています。本当に幸せなことです。

別にお洒落な雰囲気を作れるわけでもなく、深いこだわりがあるわけでもないですが、確かにあるのは、自分の好きな瞬間、モノから垣間見えた考え、思いを綴ること。自分の目から見て印象的だったことをピックアップすること。振り返ることもできるし、見直すこともできる。自分の心得を日々更新してくようです。その記録を重ねていき、一つのなが〜い生活録を増やしていく..。ただ、在るのは自分から見える一つだけのライフスタイルだと思って。誰かの参考程度になりますように、と、ちょこっと願ったりして...。

私の中で、やはりコーヒー時間は有意義な時間です。無意識だと思っていても、実は意識的に行って、癒されている習慣になっています。もはや、体が自然に動いてコーヒーを淹れて飲んでいるーー。といっても過言ではありません。体もなんだか、自分が癒される方法だと言うことを深く深く承知してるかのような気がしますね。


コーヒーを飲む時、普段よりも気分を高めたい、より美味しく飲みたい。という理由から選んで眺めて楽しむ時と、味を楽しむため。という理由からシンプルな器のデザインを選ぶこともあります。

さあ、今日は、味の魅力を引き立たせたいか?気分を高めたいか?は、その日によって選択が生まれます。「器」からも1日の始まり、中間地点、終わりを迎える、どんな時でも自分を見つめて知ることもできます。新しい発見が欲しいときには、新しい器を購入してみたりする。新しい考えも生まれてきたりします。普段好んで「使うもの」からも日々の変化を見つめることができます。

例えば、私にとって、子供たちを送った後の家までの帰り道は、車の中でお気に入りの音楽をかけて物思いに老ける時間です。

今日は雨で少し朝が涼しいから。今日はちょっと良く眠れなくてやる気が起きないからなあ。なんて、自分なりの理由をつけたくなる日もある。そんな日は、いつもと気分を変え、コンビニでコーヒーを買って飲んだりします。

車内で買った、ホットコーヒーを飲むと、眼鏡がほんのりくもる。冷房もつけずに、するすると温かいコーヒーを飲む。体の芯から温まるだけじゃなく、心もじんわりと温もっていく幸せな時間。ちょっとした些細な変化と発見だけで、なんだか心温まる気持ちにもなります。

暮らしも、小さな事が積み重なることで、心が満たされることが増えてきます。例えば、大好きなパン、バターに、お気に入りのデザインのバターナイフとか。お気に入りのモノに、またお気に入りのモノを添えるーー。そんな暮らしの工夫で、幸せの気持ちが湧き上がってくる場面に遭遇する機会が増えていく。まさに、幸せが積み重なってくるようです。いつの間にか幸せの心のタンクが、十分に満たされていることに気がつきます。

お気に入りに囲まれた暮らしを心がけること、在りたい姿でいられる暮らし方を心がけること。どちらも大切なことだと感じています。五感を感じられること。感じたことを気のせいにしないで、感じた事は感じたままに受け止めて生きやすく努める事ができます。当たり前のようで、当たり前ではないことを再確認する事が多くなりました。

そんな、とある日の備忘録でした。